岡本猛(まい泉社長)のwikiプロフや経歴!出身高校や大学はどこ?

こんにちは、くまごろうです!

 

外食産業は現在は飽和状態にあり、

それでも成功を収めるには

経営者の才覚が必要になります。

 

そんな中でも躍進を続ける

「まい泉」の社長が岡本猛さんであり、

その人々を惹き付ける店舗を作り上げた岡本猛さんとは、

どのような人物なのか気になるでしょう。

 

今回はそんな岡本猛さんについて、

  • 岡本猛さんのwikiプロフや経歴は?
  • 出身高校や大学はどこ?
  • まとめ

という内容で紹介しましょう。

 

また、この記事の後半では岡本猛さんが経営する

「まい泉」のとんかつの紹介動画を載せています!

是非最後までごゆっくりとご覧ください!

 

スポンサーリンク

 

岡本猛さんのwikiプロフや経歴は?

 

岡本猛さんの経歴です。

誕生日 1957年1月8日(2018年11月現在61歳)
出身地 大阪府茨木市→大阪府大阪市阿倍野区帝塚山
父親 岡本伊三美(元近鉄バファローズ監督)

 

 

岡本猛さんは大阪府茨木市で誕生しますが、

すぐに大阪市阿倍野区帝塚山に転居して

以後を過ごしました。

 

それから高校までは大阪で過ごして

大学は東京の大学に進学し、

大学を卒業すると1980年にサントリーに入社します。

 

サントリーは入社した当時は

ウィスキーの売り上げが絶好調であり、

岡本猛さんは

吉祥寺と三鷹エリアの販売担当を担います。

 

1984年にはサントリーでも花形部署の

販売一課に異動になりますが、

なぜか翌年には四人しかいなかった

業態開発チームに異動になります。

 

ここでの岡本猛さんに下された指示は

新規にバーを立ち上げることですが、

バーテンダーのいる

本格的なバー(オーセンティックバー)なのに、

2000円で飲める店にするという無茶のものでした。

 

岡本猛さんは

2000円でも利用できるようにするため、

プロのバーテンダーではなく

アルバイトでもできるようにマニュアル化して、

機械も導入することで

見事に2000円で飲めるバーを作りました。

 

このバーは「ジガバー」と呼ばれて

全国展開されるほどになり、

岡本猛さんは他にも

CAFE&BARの「PRONTO」も立ち上げます。

 

この成功で1990年には

杉本貴志さんが作った有名デザイン会社に出向し、

ここで多くの人脈を作ったり

300億円ものプロジェクトを行っています。

 

このデザイン会社は「スーパーポテト」と言って

2年半ほどいましたが、

再びサントリーのグルメ事業部に戻った一年後、

「井筒まい泉」のM&Aをまとめる指示を受けて

社長に就任します。

 

「井筒まい泉」は

普通の主婦であった小出千代子さんが作った会社であり、

「とんかつ」がメインですが

デパ地下にショップ展開をしたり、

カツサンドとして

高級スーパーやキヨスクに卸していました。

 

業績は悪くはなかったのですが

事業展開が振るわなかったため、

サントリーのM&A(企業買収)を受け入れて

サントリーの傘下に入ります。

 

岡本猛さんは今までの経験から

「井筒まい泉」に足りないもの見抜き、

今までの素材を生かして

お客様第一というコンセプトは変えず、

運営方法や事業形態を転換することで

発展することを目指しました。

 

今では以前までは行っていなかった

ケータリングサービスも行い、

確実に成長を続ける会社になったのは

岡本猛さんの尽力によるものです。

 

スポンサーリンク

 

出身高校や大学はどこ?

 

岡本猛さんは高校までは

小中高一貫校に通っています。

 

岡本猛さんが通っていたのは

大阪教育大学の付属校であり、

天王寺区にある同校の付属校にいたのですが、

大学は何故かそのまま上に行かずに

慶応義塾大学に入学します。

 

岡本猛さんは

高校までは大阪から出たことがなく、

この大学進学で上京して

初めての単身での生活を始めました。

 

借りたアパートは六畳一間の風呂無しであり、

一年生の時に病気で入院して

進級試験が受けられず留年し、

大学時代が自分の人生で

一番きつかったと語っています。

 

しかし大学生活はとても堪能していたようで、

高校三年生の頃から

始めて好きになったゴルフ部に所属し、

ディスコに通い詰めて費用を捻出するために

バイトに明け暮れていました。

 

このディスコに盛んに出入りしたことで

ナイトビジネスに強い興味を持ち、

この経験は以後の外食産業での業態に

とても役立ちました。

 

実は岡本猛さんの飲食店のデビューはもっと早く、

三歳の時に祖父や父親に連れられて

大阪キタ新地のクラブに出入りしていました。

 

大阪にそのまま残っていたら

別の人生を送っていた可能性もあり、

そこが人間の人生の面白さと言われるところです。

 

お待たせしました!

こちらが岡本猛さんの経営するとんかつ屋

「まい泉」のとんかつの紹介動画です!

 

 

また、こちらは家でも「まい泉」の味が楽しめる、

「まい泉のとんかつソース」です!

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

岡本猛さんのサントリーでの業務は

決して本人の意向ではないでしょうが、

それでも与えられた仕事を一生懸命行って

成功に導いています。

 

外食産業は店舗と会社の数が多すぎて

飽和状態にあり、

急速に淘汰と再編が行われていて

動きが激しくなっています。

 

そんな時こそ人脈と豊富な経験、

それに的確な方向性を示す人物が必要で、

その全てを持ち合わせる岡本猛さんに

期待する声は小さくないでしょう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です