渋沢栄一の功績が凄すぎる!立ち上げた会社や理念、名言等を調査!


スポンサーリンク


こんにちはくまごろうです。

 

凄いニュースが入ってまいりましたね。

1万円札の人物が福沢諭吉から渋沢栄一に変わるとの話です。

私的には凄く嬉しいってのと彼の功績を考えると福沢諭吉に変わるほどの人物を選べって言われたら渋沢栄一ぐらいしか思い浮かばないわなーというのが素直な感想です。

 

個人的には知名度日本一の織田信長も捨てがたいですが笑

 

1万円紙幣って日本国の経済の象徴ですからね。

この前のお札の人物を変えた際も、福沢諭吉だけは変更せずでしたからね。

万札の隠語で諭吉1枚なんてよく言いますもんね笑

それだけ変更するのをためらう1万円札の人物を渋沢栄一に変更する。

彼がどれほど凄い人物か考えれば納得できると思います。

 

渋沢栄一は日本経済の父と言われた人物であり、近代日本の礎を作り上げた人物であり

私の最も尊敬する人物の一人でもあります。

 

さて今回はそんな渋沢栄一の

  • 実績や功績
  • 立ち上げた主な会社
  • 経営理念や名言

について私なりに憶えている範囲でお話したいと思います。

詳しい内容は後日改めて精査します。

 

スポンサーリンク

渋沢栄一の実績や功績

渋沢栄一を簡単に説明するのはかなり難しいです。



というのも凄すぎてって所がですね。

いい意味での日本で始めてって事が多すぎるんです。

凄く簡単に言うと、日本を近代化させた人です。

株式会社を広めた初めての人、銀行を作った初めての人、東京証券取引所を作った人です。

これだけでも十分に凄いですよね汗

 

立ち上げた主な会社や施設

500社以上の会社を立ち上げています。

有名な所をあげれば

東京証券取引所だけでなく、現在のみずほ銀行、キリンビール、東洋紡、太平洋セメント、王子製紙、一橋大学・・・etc

有名どころはもっとあるかと思います。

 

経営理念や名言

渋沢栄一の経営理念は常に日本発展の為にそして日本人の豊かな暮らしの為を第一に考えている事でした。

だから決して儲けても儲けても、今の成功者のようにひけらかす様な豪華な暮らしはしなかった。

富を得てはさらに事業投資に回し、金を増やしさらに投資に回す。

そして沢山のインフラ会社を設立し続け、ずっと日本経済を回し続けました。

それらが今でも日本の経済を支えています。

 

昨今の自分さえよければのブラック企業経営者や、

ネット関係によくいる金儲け第一主義の人間に本当に聞かせてやりたいです。

 

そんな渋沢栄一の名言は沢山ありますが、

私の一番好きな名言は

「商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ。」

です。

 

今の日本って詐欺みたいな商売して金儲けして、金自慢してる輩が多いですからね。

ゼロサムゲームなんてしてても将来的には市場そのものが磨耗していくだけなのに、

自分さえ良ければそれでいいやって考えの奴が多すぎる。

小泉・竹中の進めた自己責任論の弊害とでも言うべきなんでしょうか?

 

金儲けを悪い事だとは思いませんが、道徳は守ろうって考え今の日本では凄い大事です。

 

以上です。ありがとうございました。

 


スポンサーリンク

関連コンテンツ


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です