福井優子(観覧車研究家)のプロフや経歴を調査!年収も気になる?


スポンサーリンク


こんにちは、くまごろうです!

 

みなさんは、観覧車評論家の

「福井 優子」さんという方を

ご存知でしょうか?

 

「観覧車評論家」という方は、本当に珍しくて

世界中でも、「たった二人」しかいないようなんです!

 

今回は、2019年1月15日に「マツコの知らない世界」

「福井 優子」さんが出演されるそうなんです!

 

という事で、今回は、その「福井 優子」さんについて

お話していきたいと思います!

 

  • 福井優子(観覧車研究家)のプロフや経歴を調査!
  • 気になる年収を調査!

の順でお話していきたいと思います!

 

 

福井優子(観覧車研究家)のプロフや経歴を調査!

 

名前 福井 優子(ふくい ゆうこ)
出身地 大阪府大阪市生まれ
職業 観覧車評論家
学歴 大谷短期大学英語科卒業

 

福井さんは、かつては

「伊藤忠商事株式会社」に勤めていました。

 

その後、1974年に「共同通信社」に転職しました。

 

編集局で事務を担当しながら英語力に磨きをかけて

1991年には、

「全国実業団英語弁論大会」三位入賞しています!

 

福井さんは、英語によるスピーチのクラブ

「東京トーストマスターズ」という、

日本で最初のトーストマスターズの

「元プレジデント」という称号まで持っているんです!

 

私にも、その英語力を少し分けて頂きたいです。笑

 

共同通信社で編集庶務を担当していた福井さんですが

最近では、「世界でたった二人の観覧車評論家」として

マスコミから注目を浴びるようになりました。

 

福井さんが、

観覧車を研究するようになったきっかけは

20年程前、語学留学した米国の大学で

観覧車の歴史研究に取り組んでいる

退官教授にたまたま出会い

その退官教授に勧められて、

日本の観覧車について調べ始めたのが

きっかけなんだそうです。

 

この十数年、観覧車の調査・研究を続けて

業界誌などにもたくさん取り上げられていて

「観覧車通信」東京支局長でもあるんです!

 

生まれて初めて乗った観覧車が実は

日本最古の「屋上観覧車」だったそうです。

 

その観覧車は、既に営業を停止していますが

「名古屋三越・栄本店の観覧車」なんだそうです。

 

名古屋人の私ですが、日本最古の屋上観覧車の地が

名古屋だったなんて、全然知りませんでした!

 

初代は1954年に開店した名古屋三越の前身

オリエンタル中村百貨店の、

当時はまだ3階建てだった、

屋上に設置されていたそうです。

 

1956年に7階建てに増築された際に作り直された2代目が

その後、ほぼ半世紀もの間、回転し続けていた。

というのだから驚きです!

 

そんな、歴史のある観覧車が

生まれて初めて乗った観覧車だなんて、

福井さんはその頃から観覧車に、

何かしらの縁があったのかも知れませんね!

 

それに実は、名古屋には観覧車が多いそうなんです!

 

そう言われてみれば、現在営業中の観覧車だけでも

名古屋港の「シートレインランド」

愛知万博の長久手会場笹島サテライト会場

アミューズメントビル「サンシャイン栄」と、

市内だけで4基

 

各務原、刈谷など近郊を含めると

13基にのぼるそうなんです!

 

改めて数えてみると、

確かにたくさんの観覧車があることに気が付きました!

 

これまでは、日本最初の観覧車と言えば、

1907年(明治40年)に

「東京勧業博覧会場」

設置されたものであるとされてきました。


しかし、その前年に日露戦争の勝利を祝って開かれた

「大阪戦捷博覧会場」に観覧車が登場していたことを

福井さんが発見したのです!

 

当時は観覧車ではなく、


スポンサーリンク



「展望旋回車」の呼び名だったのですが

確かに、1906年(明治39年)に

初めて日本に登場したことが明らかになったのです。

 

また、1940年(昭和15年)に開かれた

「名古屋汎太平洋博覧会場」に建設された観覧車が

「国産観覧車の第1号」であることなども

調査の末に調べてあげています。

 

初の国内産の観覧車の地が、

名古屋であることを発見したのも

福井さんだったとは!!

 

名古屋人の私にとっては、

観覧車の中の歴史的大発見です!

 

福井さんの、素晴らしいリサーチ力に感謝です!

 

これらをきっかけとして、

福井さんは観覧車にのめり込んでいったそうです。

 

歴史的な資料や、全国にどれだけ稼働している

観覧車があるのかなどを調べ上げ、

自身のブログ「観覧車通信」などで

公開しているようです!

 

ちなみに、福井さんは

「日本支局長」を勤めているそうですよ!

 

福井さんは、書籍も出版されています!

 

  • 「観覧車物語」(平凡社)
  • 「ニッポンの観覧車」(イカロス出版)
  • 「たくさんのふしぎ―観覧車をたずねて」(福音館書店)
  • 「観覧車の時代」(「建築設備&昇降機」連載)

 

など、観覧車に関する多くの著書を出版されていますので

みなさんも、手にとってみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク

気になる年収を調査!

 

福井さんの気になる年収についてですが

残念ながら、

はっきりとした数字はわかりませんでした…。

 

ですが、福井さんの書籍の中でも

「観覧車物語」がベストセラーと言われています。

 

ベストセラーの定義も、

はっきりとはしていないようなんですが

一般的には、10万部売れたら

ベストセラーだと言われています。

 

一冊の本が、ベストセラーになると、大まかにですが

1000万円以上の印税が入ってくると言われています。

 

福井さんは他にも書籍を出版されていますので

もっと印税が入ってきているのかな?

と予想されます!

 

こちらは福井さんがYouTubeにアップしている

「大阪工業大学の観覧車」の動画です。

是非合わせてご覧ください。

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

ここまでをまとめると

  • 福井優子は世界でたった二人の観覧車評論家である!
  • 福井優子が観覧車に目覚めたのは、語学留学先の退官教授の勧めからである。
  • 日本最古の観覧車は「東京勧業博覧会場」ではなく「大阪戦捷博覧会場」の展望旋回車である!
  • はっきりとした年収はわからないが、おそらく1000万円以上であると予想される!

といった感じです。

 

観覧車は、美しい景色を楽しむだけではなく

一緒に乗った人と、景色や思い出を共有できる

素敵な乗り物です。

 

みなさんも、久しぶりに観覧車に乗ってみては

いかがでしょうか?

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!

 


スポンサーリンク

関連コンテンツ


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です