古屋雄作のプロフ!東海高校出身で大学はどこ?結婚した妻(嫁)はいる?

こんにちは、くまごろうです!

 

今や子供に大ヒットとなっている

「うんこ漢字ドリル」の作者である

古屋雄作さんを注目していきます!

 

このうんこ漢字ドリル知ってますか?

今、お子さんに大人気で勉強も楽しくなる

という魔法のようなドリルなんですね!

 

こんな楽しいうんこ漢字ドリルを生み出した

古屋雄作さんについて

  • プロフィールをまとめました!
  • 東海高校出身だけど大学はどこ?
  • 結婚した妻(嫁)はいる?

を調査していきます!

 

スポンサーリンク

 

プロフィールをまとめました!

 

さて、早速ですが

古屋雄作さんのプロフィールをまとめていきます!

名前 古屋雄作
生年月日 1977年生まれ(執筆時40歳)
出身 愛知県名古屋市
職業 脚本家、演出家、映像ディレクター
書籍 うんこ漢字ドリル
作品 温厚な上司の怒らせ方
スカイフィッシュの捕まえ方

 

古屋雄作さんは脚本家、演出家として活動されていて

吉本興業でもディレクターをしていたようです!

 

吉本興業時代の経験なんでしょうか

結構シュールなお笑い要素が

多分に含まれているのが特徴的ですね!

 

そして、古屋雄作さんといえば、まずは

『スカイフィッシュの捕まえ方』ですね!

 

この作品がメジャーデビューのきっかけとなっています!

これ以外にもシリーズがあるのでぜひ見てみてください!

 

さらに『・・・の怒らさせ方』シリーズ!

これはさらに輪をかけて面白いですよ!(笑)

 

お笑いって芸人特有のキャラクターや

ネタで笑ってしまうものですが、

これは完全に演出家の力によるものです!

 

こういう風にお笑いを見たことがなかったので結構新鮮です!

 

さらには子供や大人に人気絶頂の『うんこ漢字ドリル』ですね!

出典:http://yusakufuruya.com/

 

小1から小6まで全漢字を網羅していて

全部うんこを絡めた例文で覚えられるという

とても画期的期な作品となっています!

 

いくつか例文をピックアップしていくと・・・

  • 慣れれば片足立ちでうんこができるようになるよ。
  • 父は、自分のフルネームを叫びながら、うんこをする習慣がある。
  • 慣例に従ってうんこを流されてしまった。

出典:http://yusakufuruya.com/

 

慣れれば片足立ちでうんこができるようになる?

そんなわけ、ねーだろ!というツッコミや、

もしそんな人がいたら笑っちゃうという感情を

揺り動かして『慣れる』という漢字を覚えていく。

 

素晴らしすぎますね!

 

ちなみに、『うんこ漢字ドリル』は

『うんこ川柳』から派生して誕生しています!

 

『うんこ川柳』もメチャクチャ面白いのですが

これを書籍化しようとしたら、いつの間にか

漢字ドリルになったという逸話があります(笑)

 

ということで、

『うんこ川柳』も予習しておくことを

オススメしておきますね!

 

今度、NHKのEテレで『SWITCHインタビュー達人たち』で

古屋雄作さんが語っているようですが、嫌われることを恐れずに

面白いことを全部やる!ということが原点にあるようです!

 

特に過激な表現の使い方を追求していて

人が忌み嫌うことを笑いに活かす技術が

面白さを倍増させていますね。

 

トドメにフェイク・ドキュメンタリー『R66』をご覧ください(笑)

 

東海高校出身だけど大学はどこ?

 

さて、そんな名演出家である

古屋雄作さんの経歴を見ていきましょう!

 

中学高校は東海中学→東海高校と進んでいます。

そして大学は・・・上智大学に進学しているんですね!

 

上智大学では”文学部哲学科”を卒業しています。

 

ちなみに東海高校ってあまり知らなかったんですが、

メチャクチャ進学校で、著名人もたくさん出ていますね!

 

特に政治家や経営者が多いです!

日本の錚々たる企業の社長や創業者の多くが

東海高校出身等事実!衝撃です!

 

そりゃ偏差値75の学校になるわけですね!

東海地区にお住まいのお父さんお母さんは、

東海高校に入れたら、それなりになりそうに感じてしまいますね(笑)

 

そして、古屋雄作さんを始めとする

文化人もたくさん輩出しています!

 

すごい教育ですよね!

 

文学部哲学科に行く意味が最初わかりませんでしたが

何となくこんな高校にいたんだったら分かるような気がしてきました(笑)

 

ちなみに、『今でしょ!』の林修先生も東海高校出身!

 

古屋雄作さんが『東海高校』で検索される意味が

わかりませんでしたが、今ではわかりました。

 

東海地区では絶対的な名門校なんですね!

 

そんな高校を卒業した秀才の古屋雄作さんは

上智大学の文学部哲学科を選択するわけですが、

その当時やその後の経歴があまり出ていません(笑)

 

普通のサラリーマンにはなっていないというのは

想定できるのですが、人の思考や哲学を刺激する道、

ということで演出家や脚本家に転身し、

人が最も好きな『お笑い』に着目して吉本興業でディレクターをしたんでしょうね!

 

人の感情を刺激する技をたくさんお持ちですよね!

 

スポンサーリンク

 

結婚した妻(嫁)はいる?

 

さて、そんな古屋雄作さんに

結婚した妻(嫁)はいるんでしょうか?

 

様々なインタビュー記事やTwitterなどの

SNSを拝見しましたが、結婚に関する投稿は

一切ありませんでした。

 

どちらかというと独身なのかな?

というのが現状の認識です。

 

うんこ漢字ドリルも自分の子供からの

感想なんかもありませんでしたし。

 

ということで現状は独身ということで、

これだけ活躍して独身だったら

楽しくて結婚はされるんでしょうかね?

 

東海高校の秀才ですから

正直考えていることはわかりません(笑)

 

最後に笑っておきましょう!

まとめ

 

さて、ここまで脚本家、演出家の古屋雄作さんについて

  • プロフィールをまとめました!
  • 東海高校出身だけど大学はどこ?
  • 結婚した妻(嫁)はいる?

を調査してきました!

 

お役に立てましたでしょうか?

 

うんこ漢字ドリルは子供向けですが、

その他の作品は大人でも楽しめるものばかりで

結構ハマってしまいそうです!

 

寝不足には注意してくださいね!(笑)

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です