中尾晋(サーモン中尾)のwikiプロフや経歴!出身高校や大学はどこ?結婚してる?

 

皆さんは、サーモンは好きですか?

 

そしておそらく日本一サーモンを愛する男、

サーモン中尾さんはご存知ですか?

 

サーモン中尾(中尾晋)さんは11月20日、

“サーモンを知り尽くした男”として

『マツコの知らない世界』出演予定ですが、

まさにその通りと言っても過言ではない、

すごい経歴を持つ人です!

 

今回はサーモン中尾さんの、

こんなことについてまとめてみました!

 

  • 中尾晋(サーモン中尾)のwikiプロフや経歴!
  • 出身高校や大学はどこ?
  • 結婚してる?

 

中尾さんのサーモン愛が分かる動画も

一緒にお届けします(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

中尾晋(サーモン中尾)のwikiプロフや経歴!

 

中尾さんの簡単なプロフィールがこちら!

出身地 滋賀県
誕生年 1990年(現在28歳?)
職業 水産業、全日本サーモン協会代表
一般社団法人RCF職員
好きなもの サーモン(特にアトランティックサーモン)
魚介類全般
嫌いなもの ホヤ

 

全日本サーモン協会とは、

サーモンをより楽しめるコンテンツを追求する…

つまりサーモンの良さと正しい理解を

日本に広めているとのことです。

 

中尾さんはこの活動を通して、

テレビなどにも出演し

サーモンの布教に努めています。

 

ではそもそも、なぜ中尾さんは

ここまでサーモンを愛し

ライフワークにまで昇華しているのでしょうか?

 

中尾さんは滋賀県の琵琶湖が近い、

自然豊かな地域で生まれ育ちました。

 

子供の頃から夢は「魚屋さん」だったそう。

 

就職活動でも水産系が第一志望

 

ちなみに、志望動機を考えるのは楽だった、

なぜなら

「小さい頃から魚屋さんが夢だった」

ということを、

写真(卒業アルバムに書いた将来の夢の欄)を

見せながら語れば反応は良かった…という

面白いエピソードをお話しています。

 

確かに面接では強いアピールになりますね!

 

しかも人手不足であろう第一次産業ですから、

若い人にそんな熱意を見せられたら

面接官もニッコニコだったろうなぁ…と想像できます。

 

子供の頃からの夢を叶え、

水産商社に入った中尾さんですが、

他業種の大手会社にも複数内定していたそうです。

 

小さい頃の卒業アルバムを就活に使う、

という機転からも伺えますが、

とても積極性があって

アピール力も高い方なんですよね。

 

なので大手から内定が出たのも頷けます。

 

水産商社ではもちろん漁業に携わった中尾さんですが、

ここで大きな転換点となる業務に就きます。

 

南米・チリに赴任し、サーモンの養殖加工、

日本での輸入販売を指導する立場になったのです。

 

指導者となると環境や人材の管理能力が問われますし、

スペイン語・英語が話せないといけません。

 

これはかなりすごい仕事なのでは…?

 

そしてチリ産の魚はスーパーでよく見ますが、

特にサーモン養殖はチリの一大産業なのだそう。

 

私は中尾さんのブログで初めてそのことを知りました。

お恥ずかしい…。

 

力を入れているからこそ、

外国人を招いて指導を仰いでいるのですね。

 

もちろん現場は優秀な人材を求めると思うので、

やはり中尾さんは只者ではありません。

 

そして、赴任時代に

すっかりサーモンの魅力にとりつかれた中尾さんは、

サーモン中尾として、

サーモンの地位を向上させる活動に

取り組むことを決意します。

 

地位向上という点では、

確かに日本で食べられる魚の中で

サーモンはいまいち「通好みでない」

という扱いですよね。

 

脂が乗ってキャッチーな味をしていますが、

それが逆に下に見られてしまうというか。

 

寿司屋でも「今日はいいコハダがあるよ!」

と言われると「おお!」となりますが、

「今日はサーモンが」と言われると

「へぇ」で終わってしまうというか…。

 

ちなみに私が見た限りでの感想です!

私自身はサーモン大好きです!!

 

会社はとても楽しかったそうですが、

今の水産業はこのままでいいのか…

と疑問を持った中尾さんは、

2017年に水産会社を退職しました。

 

例えば、中尾さんは水産業の問題として

  • 古典的なトップダウン構成であること
  • 業務がアナログ的であること

を挙げています。

時代の流れについて行けているのか?

という問いですね。

 

伝統の継承は大切ですが、

その継承方法はもっと効率化できるのでは?

という話題も最近良く耳にしますよね。

 

寿司屋も10年かかると言われた修行が、

最近では3年で卒業できるアカデミーが開設されたり。

 

現在の中尾さんはサーモンの普及とともに、

水産業界の未来を拓くための意見や活動を

積極的に発信しています。

 

具体的にはこのようにサーモン会を開催したり、

 

 

ちょっとネタに走ってみたり^^;。

 

RCF職員として、

水産業の新しい方向性を考える試みもしています。

 

テレビだけでなくTwitterなどSNSを使いこなす姿は、

若者らしいパワー溢れるものですね!

 

出身高校や大学はどこ?

中尾さんのフェイスブックによると、

大学は同志社大学です!

 

同志社大学というと、京都の名門。

 

中尾さんは大学では水産系を学びたかったものの、

高校の先生に反対され、

国際政治を学べる大学に入ったとか。

 

学部は法学部です。

 

国際政治・法学部の勉強はチリでの赴任時代に

生かされたのではないでしょうか?

 

では、高校はどちらだったのでしょう?

 

実は滋賀県高体連の体育大会のリストに、

中尾晋さんの名前があるのですが…。

 

平成18年度、1年生の名簿なので

年もほぼ合っています。

 

そのリストによれば、高校は八幡高校

 

滋賀では理系を重点的に教育しており、

進路目標はほぼ全員国立大学という

エリート高校です!

 

ちなみに、中尾さんの高校時代は

理系だったとご本人が話しています。

 

あくまでも憶測ですが、八幡高校だとすれば

色々とつじつまが合うと思います。

 

スポンサーリンク

 

結婚してる?

爽やかでバイタリティに長けた中尾さんですが、

ご結婚などはどうされているのでしょうか?

 

Twitterなどを追ってみましたが、

奥さんの影はなく、また結婚指輪なども見られません。

 

といっても写真の姿が

ほぼお仕事中(魚の解体など)なので、

指輪は外しているのかもしれませんが…。

 

ですが、見る限りでは今は

「サーモンと結婚している」

言って良いかもしれません^^;。

 

中尾さんのサーモン愛あふれる動画を

いくつかご紹介しましょう。

 

 

 

 

とにかくサーモンが好き!という

思いは伝わってきますね…。

 

 

こちらは『マツコ』の出演動画です。

 

ご本人はこんなに爽やかです!

 

中尾さんのサーモン愛溢れる様子を見て

サーモンを食べたくなった人にはこちら!

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

 

  • サーモン中尾さんは、水産業とサーモンをこよなく愛する人だった!
  • 大学は同志社大学、高校は八幡?
  • 結婚は今はしていないかも?

といった点をお伝えしました!

 

調査の上で、中尾さんのブログを読んだのですが、

サーモンについての面白い知識がたくさん載っており、

とても勉強になりました。

 

これからもその行動力と頭脳を生かして、

サーモンの魅力をどんどん打ち出して

いってほしいですね!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です