ヨシタケシンスケの出身高校や大学はどこ?結婚した嫁(妻)や子供が気になる!l

こんにちは、くまごろうです!

 

ヨシタケシンスケさんというと人気の絵本作家であり、

テレビでその特集がされるほど注目が高い人物です。

 

絵本というのはそんなに売れないという印象がありますが、

このヨシタケシンスケさんは

総計で100万部以上売り上げています。

 

「やなせたかし」さんの後継者として名高い

ヨシタケシンスケさんについて、

  • 出身高校や大学はどこ?
  • 結婚した嫁(妻)や子供はどんな人?
  • まとめ

という内容で紹介しましょう。

 

また、この記事の後半ではヨシタケシンスケさんの絵本

『おしっこちょっぴりもれたろう』の

読み聞かせ動画を載せています!

是非最後までごゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

出身高校や大学はどこ?

 

まずはヨシタケシンスケさんの経歴を調べていきますね!

本名 吉竹 伸介(よしたけ しんすけ)
生年月日 1973年6月17日(2018年10月現在45歳)
出身地 神奈川県茅ケ崎市

 

ヨシタケシンスケさんは

姉一人と妹二人の四人兄弟で姉は絵がとてもうまく、

ヨシタケシンスケさん自身は

姉に比べられるのがとても嫌で

子供の頃は絵は描かなかったそうです。

 

高校は地元の茅ケ崎北稜高校を出ていて、

そこから筑波大学院

芸術研究科総合造形コースに進みます。

 

姉が絵を得意としていたので

ヨシタケシンスケさんは造形を行っていて、

その造形によって母親が褒めてくれるのが

とても嬉しかったと言っています。

 

大学を卒業するとゲーム製作会社に就職しますが、

夜になると密かに

好きだったイラストを描く仕事を行っていました。

 

30歳になった頃に自分のイラストを自費出版して、

その本を見た文芸春秋からイラストの仕事を受け、

イラストレーターの仕事に転職します。

 

ただしイラストレーターとしての評価は

決して高いわけではなく、

2013年に出した初めて出した絵本が

「りんごかもしれない」であり、

この絵本が異例の36万部を売り上げました。

 

 

イラストレーターで泣かず飛ばすだったのが、

どうして絵本作家になったのか

不思議なところです。

 

しかし、それから以降も出す絵本が

コンスタントに売り上げを伸ばし、

40歳でデビューと遅咲きながら

人気絵本作家になりました。

 

ヨシタケシンスケさんは今でも自分の絵が

あまりうまくないと自覚していて、

絵本に関してはもちろん

ヨシタケシンスケさん自身が描いていますが、

普段はメモ帳に簡単に描いたものを

拡大しているそうです。

 

彩色は別の人に行ってもらっているのですが、

これは以前に自分で色を塗ったら

編集者にボツになったからだそうです。

 

ヨシタケシンスケさんの絵本は

ストーリー性がある従来のものとは違い、

日常で子供が考えそうなことを

独自の視点で描いています。

 

ヨシタケシンスケさんは

それまでの絵本の流れを打ち破り、

新たな路線を構築した

功労者とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

結婚した嫁(妻)や子供はどんな人?

 

ヨシタケシンスケさんは2003年に結婚していて、

子供は小学生の男の子が二人います。

 

実は結婚する前に

ヨシタケシンスケさんと奥さんは

同棲をしていて、

同棲するのだから

結婚するのは当然と思っていたようです。

 

結婚した頃はまだ

絵本作家でデビューする前であり、

収入がそれほど多くないのに

奥さんがリューマチにかかり、

長男の育児ができなくて

ヨシタケシンスケさんが家事と育児と仕事と

家の中のことの全てを行っていました。

 

そのため回顧録でも長男が誕生した頃が

一番大変だったと言っていて、

それでも絵を描くことを

諦めなかった精神力には感服するばかりです。

 

ただこの奥さんのリューマチが

出産に関係していたため、

ヨシタケシンスケさんは

とても責任を感じて奥さんに合う薬を探し、

この一番大変な時期を乗り切ったそうです。

 

奥さんに関する情報はほとんど出ていませんが、

同棲期間も考えると

ゲーム会社の同僚の可能性が高くなります。

 

ヨシタケシンスケさんは自分の性格を

大人しくて目立たないと言っていて、

あまり外に出て人との接点を

積極的に持つタイプではないようなので、

仕事場で出合ったとするのが

自然ではないでしょうか。

 

現在お子さんは小学六年生と一年生であり、

このお子さんを見て

絵本のインスピレーションが湧くと語っています。

 

身長が180cmで坊主頭の風貌ですが

とても優しい顔つきをしていて、

そこからも子供をとても愛しているのがわかります。

 

お待たせしました!

こちらがヨシタケシンスケさんの絵本

『おしっこちょっぴりもれたろう』の

読み聞かせ動画です!

是非合わせてご覧ください!

 

 

また、こちらは先ほど紹介した

ヨシタケシンスケさんの絵本

『りんごかもしれない』です。

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

ヨシタケシンスケさんは絵本業界に新風を起こし、

最も売れる絵本作家に成長しました。

 

ヨシタケシンスケさんの絵本の特徴は

大人が読んでも楽しめるということで、

大人が見ても面白い絵本を描けるというのは

天賦の才能でしょう。

 

その独自の視点は見る人を驚かしていくので、

次はどんな目線で読者を楽しませてくれるのか

楽しみな作家です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です