渡辺雅司(船橋屋)の年収や経歴!出身高校や大学はどこ?結婚した嫁や子供はいる?

こんにちは、くまごろうです!

 

和菓子はスナック菓子や

西洋菓子に押されて衰退気味ですが、

その中で老舗の和菓子屋「船橋屋」は

常に黒字経営をしていて、

その経営手腕は注目されています。

 

ここまで「船橋屋」を成長させたのは

現在の代表取締役社長であり、

元は銀行員という異色の経歴を持つ

渡辺雅司さんの尽力の賜物です。

 

今回はこの渡辺雅司さんについて

  • 年収や経歴は?
  • 出身高校や大学はどこ?
  • 結婚した嫁や子供はいる?

という内容で紹介しましょう。

 

また、この記事の後半では

渡辺雅司さんのインタビュー動画を載せています。

 

是非最後までごゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

年収や経歴は?

 

 

渡辺雅司さんの基本的な経歴です。

誕生日 1964年2月16日(2018年10月現在54歳)
出身地 東京都江東区亀戸
前職 三和銀行(現・東京三菱UFJ銀行)

 

渡辺雅司さんは「船橋屋」の社長をしていた父親の

次男として誕生しますが、

最初から「船橋屋」に入る気持ちがなくて

銀行員になります。

 

この経歴は渡辺雅司さんの父親と同じであり、

父親は元々は証券マンでしたが

婿入りして「船橋屋」に入りました。

 

渡辺雅司さんの祖父は

「船橋屋」の経営を能力のある者に任せるため、

実際には実子である長男がいたのですが

娘の入り婿を社長にしています。

 

「船橋屋」は老舗の和菓子屋では珍しい

血筋よりも能力を重視していて、

そのような先代社長ですから

渡辺雅司さんを後継者に見ていないはずがなく、

その経営手腕を高く評価していたので

「船橋屋」に向かい入れました。

 

ところが「船橋屋」に渡辺雅司さんが入ったころは

内部状況が良くなく、

職人は自分勝手で会社の意向は聞こうとせず、

仕事は中途半端で

「船橋屋」の評判はあまりよくありませんでした。

 

仕入れる材料についても

高値の時に決められた値段のままで、

材料費が利益を圧迫していたのは

間違いない事実でした。

 

この状況を打開するために

渡辺雅司さんは銀行でのノウハウを取り入れ、

材料費の徹底や職人への教育に尽力します。

 

この渡辺雅司さんの事業コンセプトは

  1. 経営理念
  2. 社員が自己実現できる職場環境づくり
  3. 経営戦略を練る

であり、それをどんなに反対があっても

実践していきました。

 

その結果で渡辺雅司さんが社長になってからは

「船橋屋」は成長を続け、

一期も赤字を出すことなく

健全経営を継続できています。

 

代表取締役社長の年収を

「船橋屋」は公表していませんが、

健全経営で年商が20億円近くあるので

5000~6000万だと推測できます。

 

渡辺雅司さんは自分よりも

会社を第一に考えているため、

年収についてはもっと低い可能性があります。

 

出身高校や大学はどこ?

 

渡辺雅司さんは立教新座高等学校を卒業して

立教大学経済学部に入学しています。

 

渡辺雅司さんの父親は慶応義塾大学を出ているので、

頭脳明晰なのは父親ゆずりなのかもしれません。

 

この「船橋屋」は実子であっても

後継者にしない風習があり、

渡辺雅司さんの父親がその体験者なので

息子にも好きにさせたのです。

 

当人の渡辺雅司さんも

その事情をよく知っていたため、

実家の「船橋屋」を継ぐ気持ちは

全くなかったそうです。

 

しかし、この銀行で

融資やデイリー業務をしていたため、

「船橋屋」の改革も成功したのだと言えます。

 

「船橋屋」を継ぐ気がなかったのに入社したのは

内情を知って何とかしたかったからかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

結婚した嫁や子供はいる?

 

渡辺雅司さんは結婚していて奥さんがいて、

子供も24歳になる娘さんと

20歳になる息子さんがいます。

 

渡辺雅司さんは「船橋屋」に

1993年に入社しているので、

お子さんの年齢から奥さんとの出会いは

銀行員時代になります。

 

奥さんについて発表していないので

詳しい情報はありませんが、

家族と写った写真からとても美人の奥さんです。

 

息子さんがいますが

「船橋屋」に向かい入れるような動きはなく、

「船橋屋」の伝統である

能力がなければ実子でも後継者にしないというのは、

渡辺雅司さんも踏襲している可能性が

高いと言えるでしょう。

 

これは経営者としての能力がある人ほど

実践していることであり、

トヨタ自動車が創業家から

社長を長く受け入れなかったのも

血筋だけで能力の無い者が

会社を運営する危険性を回避するためです。

 

渡辺雅司さんもそんな優れた経営者の一人であり、

息子さんがいますが

後継者を誰にするのかわかりません。

 

お待たせしました!

こちらが渡辺雅司さんのインタビュー動画です!

 

 

また、こちらは渡辺雅司さんの経営する

「船橋屋」の元祖くず餅です!

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

渡辺雅司さんは自分の仕事に誇りを持っていて、

「葛餅」の持つ可能性を拡大させるために

尽力しています。

 

「葛餅」は和菓子で唯一の発酵食品であり、

この発酵技術は将来的に必ず役立つものです。

 

本業を大事にしながら

その技術を発展させるのは容易ではなく、

そこには強い信念と努力が必要になりますが、

自分の方向性を信じている渡辺雅司さんなら

成功してくれるでしょう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です