2019.01.28
2019.01.29
2

吉井久夫(ダイニチ工業)のプロフと経歴!会社や経営戦略を調査!


スポンサーリンク


こんにちは、くまごろうです!

 

誰もが知っている「ダイニチ工業」

 

今では大手企業ですが、

設立は、新潟県の中央部にある「三条市」という、

今では県下有数の工業都市からスタートしました。

 

今回は、そんな「ダイニチ工業」と、

社長である「吉井 久夫」さんについて、

お話していきたいと思います!

 

  • 吉井久夫(ダイニチ工業)のプロフと経歴!
  • 会社や経営戦略を調査!

の順でお話していきますね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

吉井久夫(ダイニチ工業)のプロフと経歴!

引用:https://www.dainichi-net.co.jp/company/message/

 

  • 名前            吉井 久夫(よしい ひさお)
  • 生年月日    1947年1月15日生まれ(72歳)
  • 出身地        大阪府布施市(現・東大阪市)
  • 出身高校    新潟県立三条高校
  • 出身大学    芝浦工業大学

 

職歴

  • 1969年4月に吉井電器店に入社。
  • 1973年1月にダイニチ工業に入社。
  • 1997年4月に資材課長。
  • 1983年3月に取締役就任。
  • 1987年2月に常務取締役就任。
  • 1992年2月に専務取締役就任。
  • 1998年10月に代表取締役専務就任。
  • 1999年6月に社長就任。

 

「ダイニチ工業」は、1957年(昭和32年)

ダイニチ工業の創業者・佐々木文雄会長が、

新潟県三条市に

東陽技研工業株式会社(ダイニチ工業の前身)

設立されました。

1964年1月に「東陽技研工業株式会社」は、

経営不振のため整理を行ったそうです。

そして同じ年、1964年4月に、

現在の「ダイニチ工業株式会社」が

設立されました。

 

ちなみに、

「ダイニチ工業」という名前の由来ですが、

現会長が創業時に社名について悩んでいたところ、

夢の中に「大日如来」が現れ、その夢の中で、

「世の中のためになる仕事をするように」

というお告げを受けたこと。

 

また、戦争で疲弊していた当時の日本を

「再び大きな日本へと甦らせたい!」という思いから

「大日」より「ダイニチ工業」と命名したそうですよ!

 

今ではその社名の由来の通り、日本の発展に

大いに貢献していますよね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

会社や経営戦略を調査!

 

現代では、なにかと

「ブラック企業」話題になっていますが、

そんな風潮の中、「ダイニチ工業」は

「ホワイトすぎる!」とウワサなんだそうです!

 

というのも、

「残業を極力減らして、17時半に退社をする。」

「ミスを申告したら、表彰される。」

 

残業を減らす取り組みはよく耳にしますが、

「ミスを申告したら、表彰される。」

というのは、初めて耳にしました!

 

通常であれば、ミスを報告したら、

叱られるのはもちろん

下手したら、「減給」なんて事もありますよね?

 

それなのに、

ミスを正直に申告することで表彰されるとは

驚きです!

 

ただ、そんな風にミスをしてしまっても、

正直に報告したら

叱られたりするのではなく、

きちんと自己申告したことで

表彰してもらえるとなると、

万が一、ミスをしてしまっても

そのミスを、

隠したりすることが無くなるでしょうから、

早い段階で対処ができるため、

働く側だけではなく、

会社としても、

いい事なのかもしれませんね!

 

また、女性社員が出産しても、

戻ってきやすい仕組みがあるのも

特徴なんだそうです!

 

生産ラインは8:30~17:30までの

稼働が基本なのですが、

9:00~16:00までしか稼働しない

「業務用石油ストーブのライン」を作っていて、

育児中の短時間勤務に利用しやすい環境と、

長期の育児休暇がとりやすいシステムも、

整備されているそうなんです!

 

しかも、女性社員の育休取得率は

100%なんだそうです!

 

女性にとっては、

出産で退職しなくてもいいので

とても助かる、嬉しい会社ですよね!

 

女性の社会進出が進んできている日本ではありますが

やはり、まだまだ企業側の理解やシステムが

間に合っていないのが現実で、

 

「働きたいのに、働けない…。」



 

そんな、ママさんがたくさんいるのが現実です。

 

私自身も、以前働いていた職場では、

「そんなに子育てが一番なら、

家の企業とは合わない。」

と言われたことを思い出しました…。

 

それに引き換え、

「ダイニチ工業」は、働くママの味方ですね!

 

私も「ダイニチ工業」で働けばよかった!

なんて思ってしまいました。笑

 

そして、ダイニチ工業では、

一年に一度大運動会があるそうなんです!

 

本社や工場スタッフをはじめ、

全国の営業所員協力工場の従業員が参加する

大規模な運動会で、

なんと、参加人数は「約1000人」にもなる

大運動会なんだそうです!

 

もともとは、社員の体力測定のために

始まったイベントだったそうですが、

現在は社員や関係会社の交流の場となっていて、

社内外の一体感を高めるのに、

とても役立っているそうですよ!

運動会当日は約1000人の参加者

4チームに分けて、

日頃、接する機会の少ない他部署や

協力工場の方ともチームを組んで

一致団結して競技に臨みます。

 

そんな「大運動会」ですが、

ひとつだけこだわっているがあるそうです!

 

それは

「100m走だけは全員参加」だそうです!

 

他にも競技はたくさんあって、

  • 「女子50m走、男子100m走」
  • 「イカ足リレー」
  • 「玉入れ」
  • 「大玉送り」
  • 「対抗リレー」
  • 「大相撲」

 

など、他にもたくさんの競技で

盛り上がるそうです!

 

「大運動会」の様子がこちらです!

 

引用:https://www5.dainichi-net.co.jp/jobs/?p=3153

 

なんだか学生時代に戻ったような気分になれそう

楽しそうですよね!

 

最近の企業では、「飲み会」

「社員旅行」がなくなっていき

人間関係も、希薄になってしまったり、

コミュニケーション不足が叫ばれていますが、

ダイニチ工業では運動会を通して交流が深まり、

結束力が強くなっているそうですよ!

 

仕事をしていく上で、

人間関係やコミュニケーションは

とても重要な項目です。

 

それを、「大運動会」という、

楽しい行事で深めることが出来る「ダイニチ工業」は、

本当に素晴らしい企業ですね!

 

こちらは「ダイニチ工業の電気ファンヒーター」です!

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

ここまでをまとめると

 

  • 吉井久夫は、大阪府で生まれた。
  • 出身校は、新潟県の
    「新潟県立三条高校」を卒業後
    東京都港区にある「芝浦工業大学」を卒業。
  • ダイニチ工業は、
    女性が働きやすい環境が整えられていて
    育児休暇取得率が100%である!
  • ダイニチ工業が、働きやすいと言われるのは
    基本的に残業がないだけではなく、
    ミスを申告すると表彰されるという、
    珍しいルールがあるからである!
  • 他にも、年に一度の「大運動会」で
    全社員がコミュニケーションを
    取り合う事ができるからである!

 

といった感じです!

 

企業には、それぞれのカラーが有り、

どのような企業が働きやすいと感じるかは、

人それぞれだと思います。

 

ただ、ダイニチ工業のように、

社員目線で考えてくれている企業は

多くはないのが現状のように、私は思います。

 

これからの時代、このダイニチ工業のように、

社員の事を社員目線で考えてくれる企業が、

増えてくれるといいなぁ!

と私は思いました!

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

関連コンテンツ


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です