内山素行(七洋製作所)のwikiプロフや経歴!出身高校や大学はどこ?

こんにちは、くまごろうです!

 

あまり知られていない業種ながら

有名な企業というのはいくつもあり、

この七洋製作所という会社もそんな会社の一つです。

 

七洋製作所は業務用オーブンを製造する

トップ企業であり、

海外からも受注を受けて注目されています。

 

七洋製作所を飛躍的に大きくしたのは現社長であり、

社長である内山素行さんについて

  • 内山素行さんのwikiプロフや経歴は?
  • 出身高校や大学はどこ?
  • まとめ

という内容で紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

 

内山素行さんのwikiプロフや経歴は?

 

内山素行さんの基本プロフです。

本名 内山素行(うちやま もとゆき)
誕生年 1956年(2018年現在62歳)
出身地 福岡県博多
会社設立 1973年福岡県̪志免町

 

七洋製作所は元々は煎餅屋で

内山素行さんの父親の善次(よしつぐ)さんが

福岡県博多で始めた「内山商店」が最初です。

 

この内山商店が作る煎餅は味がいいと評判になり、

最大で40人もの従業員を雇う煎餅屋に発展します。

 

善次さんは工業高校の出身で

機械にとても興味を持っていて、

煎餅屋だけでは何か物足りなさを感じてしまいます。

 

そんな時に知り合いが

煎餅工場の一角を貸して欲しいと言われ、

そこで食品用機械が作られている工程を

目の当たりにして閃きます。

 

当時から洋菓子を作る店舗では

人手不足が顕著であり、

経験者でなければ上手く焼き菓子ができない

という問題がありました。

 

その問題を解決して

誰でも同じような焼き菓子ができる機械が

七洋製作所の代表商品である「南蛮窯」です。

 

1960年には煎餅屋を事業譲渡して

食品製造機械の製造・販売を開始し、

内山素行さんは営業部長として

機械をトラックに積んで販売していました。

 

ただし一台あたりの値段が高く認知度が無いため、

七洋製作所になる前に

善次さんは会社を二度ほど倒産してしまいます。

 

それでも「南蛮窯」の製造を諦めずに改良を続けて、

今では七洋製作所の代表作として

広く認知されています。

 

内山素行さんは父親の善次さんの引退によって

社長に就任すると、

それまでの父親が培ったオーブン窯の技術に

独自のデザイン性を取り入れ、

ここから七洋製作所が飛躍的な活躍を始めます。

 

善次さんが作り上げたオーブン窯は

焼成力が素晴らしく、

密閉性と水の蒸気を

極限まで追求したものになっていて、

カステラやケーキのスポンジが

しっとりしながらふっくらと仕上がります。

 

この南蛮窯は洋菓子の専門家にとても注目されていて、

日本では業務用オーブンのシェア35%以上を

占めるまで成長しました。

 

内山素行さんは機能性を重視しながら

デザインにも独自の考えを取り入れ、

その評価として通産省の

グッドデザイン賞を三回も受賞しています。

 

七洋製作所を父親から譲り受けて

拡大を成功させた内山素行さんは、

趣味で音楽活動を継続して行っています。

 

自分で作詞作曲した曲を

インターネットの動画サイトに流していたり、

9年前からは

「博多めんたいロッカーズ」を結成しています。

 

この博多めんたいロッカーズは

10人編成のビッグバンドですが、

そこで内山素行さんはボーカルを担当しています。

 

動画サイトで

ライブをした時の映像が出されているので、

ご視聴なさってみて下さい。

 

出身高校や大学はどこ?

 

内山素行さんは学歴については

詳細を発表していませんが、

学生時代から空手を行っていて

全国大会でも組手で優勝しています。

 

内山素行さんは

この空手の全国大会では三回優勝していて、

その実力は全国的に有名でした。

 

内山素行さんは父親の跡を継いで

七洋製作所に入ることを決めていて、

学校を卒業すると営業担当として尽力します。

 

内山素行さんの営業スタイルは

顧客に直接見てもらうところにあり、

顧客のいるところに出向いて

実際にケーキやカステラを焼いて実演し、

その出来栄えを実際に見てもらっていました。

 

そこでのプロの洋菓子職人からの意見が

内山素行さんの財産になり、

自社で製造する製品製造に取り入れていきます。

 

この実際に使用するプロの人の意見を

取り入れたのが功を奏し、

七洋製作所の製品は洋菓子職人の方から

絶大な人気を誇っています。

 

この内山素行さんのバイタリティーが

音楽活動という趣味に発展していて、

いろいろなことに興味を持つ

内山素行さんだからこそ、

七洋製作所が発展していった

要因とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

こちらは七洋製作所の南蛮窯になります!

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧ください!

 

まとめ

 

七洋製作所は内山素行さんの父親が

苦労して作り上げた会社であり、

その父親の背中を見て育った

内山素行さんが大きくしていきました。

 

七洋製作所は上場を目指すほどに成長していて、

海外からの受注も相次いで

更なる発展が見込めるでしょう。

 

職人が作るものに

とても近い焼き菓子ができるのが

七洋製作所の強みであり、

プロも認めるその仕上がりは

他社では真似できない技術です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です