安倍里葎子さんの結婚した旦那(夫)や子供について!出身高校や大学はどこ?

こんにちは、くまごろうです!

 

安倍里葎子さんは

「デュエットの女王」として今も歌い続け、

いつまでも素晴らしい歌唱力で

私たちを喜ばせてくれます。

 

芸能界という浮き沈みの激しい世界にあって、

長きに渡って

第一線で活躍するというのは立派です。

 

そんな安倍里葎子さんについて

  • 安倍里葎子さんの結婚した旦那(夫)や子供について!
  • 出身高校や大学はどこ?
  • まとめ

という内容でご紹介しましょう。

 

また、この記事の途中では

安倍里葎子さんと橋幸夫さんのデュエット曲

『今夜は離さない』の動画を載せています。

 

是非最後までごゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

安倍里葎子さんの結婚した旦那(夫)や子供について!

 

安倍里葎子さんの経歴です。

本名 熊木 律子(くまき りつこ)
生年月日 1948年10月7日(2018年10月末現在70歳)
出身地 北海道札幌市

 

安倍里葎子さんは1970年に

「愛のきずな」というレコードでデビューし、

そのレコードは50万枚以上のヒットになりました。

 

このデビューに一役買ったのは

作曲家であり歌手でもある平尾昌晃さんで、

安倍里葎子さんが

札幌の知人の営む音楽喫茶で歌っている時、

その歌唱力に惚れてスカウトしたのです。

 

それから三作目までの

「お嫁に行くなら」までは順調でしたが、

それ以降はヒット曲に恵まれず

不遇の時期を送っています。

 

安倍里葎子さんは一度も結婚しておらず、

そのために子供もいません。

 

しかしこの低迷期の1974年に熱愛報道があり、

うまく行けばこのまま結婚する可能性もありました。

 

ただし相手が離婚を前提に別居中であり、

まだ離婚が成立していなかったために

不倫となってしまいます。

 

これは大きなスキャンダルになってしまい、

安倍里葎子さんはバッシングを受け

所属レコード会社から契約解除され、

しばらくの間は一線から退いてしまいます。

 

この出来事は安倍里葎子さんにとって

大きな心の傷になった可能性があり、

まだ20代でしたがそれから以後は

熱愛といった報道はありませんでした。

 

しかし、しばらく経ってから

橋幸夫さんとのデュエット曲で

「今夜は離さない」という曲が

ミリオンとなり復活します。

 

 

橋幸夫さんとのデュエットの成功から

安倍里葎子さんは多くの人と

デュエット曲を次々に出し、

「デュエットの女王」という

異名まで持つようになりました。

 

デュエット曲では

数々の有名人とレコードを出していて、

桜木健一さんや林与一さん、

松方弘樹さんと俳優の方が多く、

最も新しいのは

元光GENJIの大沢樹生さんになっています。

 

この「デュエットの女王」になる

きっかけになった橋幸夫さんですが、

近年になって安倍里葎子さんが

もう一度デュエットをしたいと言った時、

もうデュエットはしたくないという発言をしています。

 

その理由はデュエットの成功で安倍里葎子さんは

橋幸夫さんの事務所に所属していましたが、

自分一人でやっていけると考え

勝手に事務所を辞めたからです。

 

橋幸夫さんは人間としての義理を

とても大切にする人であり、

この恩を仇で返す行為には

相当に立腹したと報道されています。

 

安倍里葎子さんはこの行動について謝罪していますが、

若い頃は少し軽はずみな行動をしていた部分があります。

 

自由奔放な性格があったので

特定の男性と出会えませんでしたが、

現在でも魅力的な外見を保っているだけに、

その子供についても

見てみたかったという希望があります。

 

スポンサーリンク

 

出身高校や大学はどこ?

 

安倍里葎子さんは

歌手デビューで上京するまで北海道にいて、

卒業した高校は札幌香蘭女子学園です。

 

この高校については

中退したという情報もありますが、

ちゃんと卒業したと確認が取れています。

 

この学校はスポーツがとても盛んな学校で、

特にバスケットボールでは

有力な選手を多数輩出しています。

 

安倍里葎子さんは

高校を卒業すると進学はしないで、

知人が営んでいた音楽喫茶を手伝いだします。

 

大学に進学しなかったのは

自分の意思なのか家庭の事情か不明ですが、

札幌香蘭高校は札幌では有名な私学であり、

それで進学しなかったのですから本人の意思でしょう。

 

歌うことは好きだったのですが

歌手になるまでは考えておらず、

進学も興味がなかったため

何をするのか模索中だったかもしれません。

 

そこで一生涯の仕事を見つけることができ、

節目で幸運に恵まれることが多かったので

安倍里葎子さんは運の良さは

折り紙付きだと言えます。

 

安倍里葎子さんの

歌手デビューへの道を開いたのは平尾昌晃さんです。

 

平尾昌晃さんは多くの歌手を発掘してきましたが、

その中で安倍里葎子さんは

第一号のスカウトした人物になります。

 

札幌という場所で

平尾昌晃さんと出会うことこそ奇跡に近く、

それから半世紀もの間を

歌手で過ごすことができたのですから、

人間の運命とは本当にわからないものです。

 

こちらは安倍里葎子さんのベストアルバム

『函館山から』です。

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

安倍里葎子さんの人生を一言でいうと

「山あり谷あり」であり、

いいことと悪いことが

繰り返された人生と言えます。

 

そこには自分の意思で行なって

結果が良くないこともありましたが、

安倍里葎子さんは過去を振り返り

後悔したような発言はしていません。

 

芸能界という荒波に飲まれ

動きの激しい世界に身を置き、

それを経験したからこそ

今の充実した日々を送れるのでしょう。

 

後悔したまま人生を送るというのは

辛いものですが、

それもいい思い出として

考え方を変える努力が必要です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です