大嶺翔太の借入先や金額がヤバい!?使い道(理由)はギャンブルか?

こんにちは、くまごろうです!

 

衝撃的なニュースが入ってきました。

 

千葉ロッテマリーンズの内野手として

活躍していた大嶺翔太さんが金銭トラブルで

任意引退という事態になりました。。。

 

大嶺翔太さんと言えば、

兄の大嶺祐太さんと共に同一球団に

兄弟で入団した珍しい兄弟選手でした。

 

しかも兄弟して試合にも出ていたので、

このニュースには本当に驚くほかありません。

 

そこで、こちらでは、大嶺翔太さんについて

  • 大嶺翔太の借入先や金額がヤバい!?
  • 大嶺翔太の経歴や年俸は?
  • 使い道(理由)はギャンブルか?

を調査していきます!

 

さらにこの記事の後半では

大嶺翔太選手の2017年の活躍していた様子を

短い動画で紹介しております!

ぜひ合わせてご覧ください~

 

スポンサーリンク

 

大嶺翔太選手の年俸や経歴は?

 

さて、早速ですが、

大嶺翔太さんの借入先や借金額

を調査していきますが

 

その前に大嶺翔太さんが現在までに

プロ野球界でどの程度の経歴で

いくらの年俸をもらってきたのか調査していきます。

 

名前 大嶺翔太(おおみね・しょうた)
生年月日 1991年9月17日(執筆時26歳)
出身地 沖縄県石垣市
出身高校 八重山商工(甲子園出場なし)
ドラフト 2009年ドラフト3位(千葉ロッテマリーンズ)
契約金 4000万円
年俸推移(推定) 2010年:600万円
2011年:570万円
2012年:570万円
2013年:550万円
2014年:530万円
2015年:620万円
2016年:700万円
2017年:950万円
2018年:1000万円
成績 2016年 72打席 0.236 0本塁打 7打点 0盗塁
2017年 214打席 0.206 5本塁打 23打点 1盗塁
2018年 17打席 0.294 0本塁打 0打点 1盗塁

出典:https://www.gurazeni.com/player/794

 

大嶺翔太さんは、

兄の大嶺祐太投手と同じ八重山商工出身

強肩強打の選手でした。

 

甲子園経験はないものの、兄と同じ

千葉ロッテマリーンズにドラフト3位と

上位指名を受けて入団しています。

 

高卒野手として期待度は高かったものの

なかなか結果は出なくて苦労しましたが

2017年は214打席に立ち、5本塁打と

これからを期待されていたのは間違いありません。

 

しかも、その活躍とともに年俸も

600万円弱から1000万円まで上がって

本当にこれからさらに上を目指せる、

そんな時期だったのは間違いありません。

 

大嶺翔太の借入先や金額がヤバい!?

 

さて、そんな大嶺翔太さんの借入先や

金額について調査していきますね。

 

まずは借入先についてですが、

ニュースによれば”複数の金融機関”

ということになってます。

 

しかし、当然かもしれませんが、

どの金融機関から借り入れたかの公表は

されていません。

 

この言葉をそのまま鵜呑みにすれば

銀行または消費者金融からの借入です。

 

年利はせいぜい15%~20%です。

年利ですので、月あたりは2%弱となります。

 

で、借入金額も公表されていませんが

借金でクビが回らなくなるほどの

借金だったのでしょうか?

 

大嶺翔太さんの

年俸は今年1000万円です。

 

去年の年俸が950万円なので、

約300万円が税金として引かれます。

 

よって、手取り年収は700万円です。

月収にすれば、58万円です。

 

で、プロ野球選手の経費は

試合がある日の球場での食事などは

基本的に支給されます。

 

あとユニフォームも球団から支給されるので

バットやグローブ、リストバンド、スパイクなどの

用品については個人で購入するということです。

 

道具類で言えば、

バットはすぐに折れたりしますから

頻繁に買うとしても、グローブやスパイクは

それほど買うものでもないでしょう。

 

ということを考えると、

月収58万円と考えれば生活費が足りなくなるとか

道具が買えなくなるとかはなさそうですよね。

 

既に大嶺翔太さんは寮生活ではないので

多少は生活費はかかりそうですが

それでも球団から紹介されたマンションとか

安く住めそうなものですし。

 

ただ、大嶺翔太さんの場合、

2013年に結婚していて

既に一人お子さんもいます。

 

ということは、トータルの生活費は

50万円前後かなと思われます。

  • 家賃15万円(幕張地域の3LDK)
  • 通信費:3万円(スマホ2台)
  • 光熱費:2万円
  • 道具費10万円(バット5本)
  • 食費20万円(6700円/日)

 

正直食費が20万円もかかるか?

という感じもしますが、

想定以上に生活費がかかっていた

可能性がありますね。

 

これだけを考えると、

借入金額もイメージ的には億を超えるような

滅茶苦茶な借金をしたというよりも、

 

報道の通り

「複数の金融機関(銀行・消費者金融)」

の可能性が高いですね。

 

しかも、借入金額も1000万円もない

可能性も高いです。

 

というのも、球団からの発表でも

お金の状況というよりも、本人の環境を変えて一からやり直したいという思いの強さが一番のポイントだったと思う。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00247603-nksports-base

と発表しているためです。

 

それより借りた相手が

選手個人やスタッフだったり

その返済がルーズだったり

そうした借金トラブルだったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

使い道(理由)はギャンブルか?

 

今までの球団の発表の流れであれば

ネット上で騒がれている裏社会とのつながり

というのではなく、単純な生活苦かもしれません。

 

ただ、大嶺翔太さんが

ネガティブなイメージを持たれるのは、

ドラフト後、飲酒が発覚しプロ入りが白紙にされ

高校も停学になっているためです。

 

要は、若い時の素行のイメージが悪いんです。

 

しかし、いつまでも子供ではないので

結婚してお子さんも生まれてまで

無責任な生活をすることはないでしょう。

 

僕も一瞬、ギャンブルとかに突っ込んで

いろんなところから借金をしたのかな?

と思ってしまったところがありますが

 

使い道は試合後のチームメイトとの飲み会や

多少はね伸ばした時の数万円程度が

積み重なって、いろんなチームメイトに

借金をしてしまったことが原因では?

と思うわけです。

 

と言っても借りたものは

返さなくてはなりませんので

責任は果たすことはマストですけど。。。

 

しかし、個人的には、

千葉ロッテマリーンズの選手への

生活指導力が問われる感じもしますね。

 

アメリカのNFLとかでは

年俸億以上を稼ぐ選手が破産する例が多々あります。

 

同様に野球しかやってきていない人間が

いきなり数千万円のお金を正しく使うのは

本当に難しいはずです。

 

しかも、

入団8年とベテランに近づく選手であれば

後輩の面倒も見る必要がありますから

お金が必要だったんでしょうね。

 

兎にも角にも大嶺翔太さんには

これからの人生をしっかり立て直してほしいです。

 

 

さて、お待たせしました!

大嶺翔太さんの活躍した2017年を

少しでも振り返っておきましょう!

 

もしかしたら、

直筆サインカードもプレミアになる

可能性があるので気になったらチェックしてみてください

 

また、こちらはプロ野球出身で

トラブルがあった方の関連記事です!

合わせてご一読くださいませ!

小松辰雄の長女(娘)や離婚後再婚した嫁(妻)を調査!出身高校はどこ?

2017.12.13

 

まとめ

 

さて、ここまで大嶺翔太さんについて

  • 大嶺翔太の借入先や金額がヤバい!?
  • 大嶺翔太の経歴や年俸は?
  • 使い道(理由)はギャンブルか?

を調査してきました!

 

本当にショックなニュースでしたが

千葉ロッテマリーンズや本人、

兄の大嶺祐太選手のコメントを見ると

よくある黒い関係はなさそうですよ。

 

それよりある程度プロ野球選手として

やってきてお金面でも苦労したんで

もう沖縄に帰って家族とゆっくり生活を

していきたいと思ったんじゃないでしょうか。

 

これから大嶺翔太さんが

家族とともに再生して人生を立て直す

そんな時期が早く来ることを期待したいですね!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です