鈴木梨央の子役の実績を調査!声優としての演技力も気になる!

スポンサーリンク







こんにちは、くまごろうです!

 

子役・鈴木梨央さん(13が、

今月始まった手塚アニメ『どろろ』主演ということで

話題になっていますね。

 

今や芦田愛菜さんに続く、

日本を代表する子役として活躍する梨央さん。

 

その実力や経歴が気になったので調べてみました!

  • 鈴木梨央の子役の実績を調査!
  • 声優としての演技力も気になる!

 

この順番でお伝えします。

 

梨央さん主演の『どろろ』予告映像

一緒にお届けしますね!

 

鈴木梨央の子役の実績を調査!

 

あらゆるメディアに引っ張りだこの

鈴木梨央さんなので

演技力の高さも知れ渡っていますが、

ここで改めて子役としての実績

振り返ってみましょう。

 

鈴木梨央さんは5に芸能界へと入ります。

 

テレビで芦田愛菜さんを見て、

「愛菜ちゃんみたいになりたい!」

と思いオーディションを受けたのが

きっかけのようです。

 

この時、愛菜さんもやはり5歳。

 

5歳にして恐るべし芦田愛菜の影響力…。

 

鈴木梨央さん達と同世代の子役には

鈴木福くん本田望結さんもおり

もはやこの世代は子役の黄金時代と呼べるでしょう。

 

愛菜さんが所属するジョビィキッズプロダクション

オーディションに合格した梨央さん。

 

3年後の2013年、NHK大河ドラマ『八重』にて

主人公・八重の幼少期を好演します。

 

ちなみに芦田愛菜さんは3歳で芸能界入り、

2011年に大河ドラマ『江』

やはり宮沢りえの幼少期を演じています。

 

ちょうど2年遅れで

追いかけている感じになりますね。

 

さて、梨央さんは『八重』と同じ年、

彼女が役者を志すきっかけになったドラマ

Mother(芦田愛菜出演)と同じスタッフが制作した

ドラマ『Woman』にて主役の娘役を演じます。

 

Womanはシングルマザーを主役に据えた

名作社会派ドラマで、

梨央さんの役も

「シングルマザーであり闘病する母親を支える娘」

という難しい役どころ。

 

ですが梨央さんは見事役を演じ切り、

名子役として高い評価を得ます。

 

人気の高まった梨央さんはついに翌年、

憧れの芦田愛菜さんとダブル主演として

ドラマ『明日、ママがいない』に出演!

 

『明日、ママがいない』

児童養護施設を舞台に繰り広げられる

サスペンスストーリー。

 

当時はその過激な脚本や演出に賛否両論が巻き起こり、

スポンサーも降板する騒動になっていましたね。

 

天真爛漫なイメージのあった梨央さんが、

このドラマでどう立ち回るのかが

大いに注目されました。

 

私も当時見ていましたが、

表情豊かな愛菜さんの役に比べて

梨央さんは一見普通の子供役

静と動を思わせる対象的な演技でした。

 

ストーリーが進むにつれ、

梨央さんが演じる役の心の闇が

徐々に明らかになっていきますが、

この微妙な心の機敏を梨央さんは表情や声で

見事に表現していたように思います。

 

このドラマでますます脚光を浴びた梨央さんは、

この後も

『お兄ちゃん、ガチャ』

『愛を乞うひと』

『全力疾走』

など注目作のドラマに次々と出演していきます!

 

特に意外なところで高い評価を受けたのが、

朝ドラ『あさが来た』でのヒロイン幼少期役。

 

「『八重の桜』の演技も素晴らしかったが、

今回も思った通りの満点の演技

オーディション時から京都言葉が完璧で、

方言の先生が『こんな音感の良い子は珍しい』

と驚いたほどでした」

引用:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1511389.html

 

梨央さんは趣味でギターもしているそうですが、

役者としてはやはり音感も大事な要素なんですね!

 

このように、梨央さんは

多方面の能力の高さも評価されながら

日々役者として確実にステップアップしているのです。

 

 

スポンサーリンク

 

声優としての演技力も気になる!

 

映画、CMと数えきれないほど

出演している梨央さんですが、

声優も例外ではありません!

 

これまでに

『ワールド・ウォーZ』(レイチェル役)

『リトルプリンス・星の王子さまと私』(ヒロイン役)

LOGAN』(ローラ役)

『カニーニとカニーノ』(カニーニ役)

『どろろ』(どろろ役)

4本の吹き替えに挑戦しています。

 

声優は声だけで演技するという特徴が

壁になりがちですが、

やはりそこは役者である梨央さん、

いずれもレベルの高い表現力を披露しています。

 

個人的に『カニーニとカニーノ』は梨央さんらしい、

無邪気なのびのびとした演技でおすすめですよ!

 

この中でもやはり注目作は、

今月スタートした最新作『どろろ』でしょうか。

 

手塚治虫作『どろろ』は、戦国の世を放浪する

呪われた少年・百鬼丸の半生を描いた名作妖怪譚。

 

百鬼丸と旅を共にする子供が、

梨央さん演じるどろろです。

 

私も先日放映された1話を観たところ、

梨央さんの声は作品の暗い世界観に溶け込みながらも

たくましく張りがあり、

プロの声優の中で全く違和感がなく驚きました。

 

 

こちらは予告動画ですが、

少し梨央さんの声を聴くことができます!

 

アニメに興味を持った方は、

スタートしたばかりなので

少し追ってみてはいかがでしょうか?

 

個人的に、梨央さんにはこれからも沢山吹き替えや

アニメに出演していってほしいと思います!

 

ぜひ役者とともにこのまま声優としてのキャリアも

積んでいってほしいですね(*^^*)

 

こちらは梨央さんの演じる「どろろ」の原作である

手塚治虫さんの「どろろ」全巻セットです。

気になったら是非チェックしてみてくださいね!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

まとめ

 

  • 鈴木梨央の演技力はやはり凄い!
    経験とともにレベルアップしている!
  • 声優の演技もハズレ無し、今後の出演作に注目!

以上、鈴木梨央さんについてまとめました!

 

今年は梨央さん主演の映画

『こどもしょくどう』も公開されます。

 

こちらも社会派映画ですが、

梨央さんの演技に期待が高まりますね!

 

まだ13歳の鈴木梨央さん、

今後の成長と出演作がとても楽しみです。

 

 

 


スポンサーリンク


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です