富岡八幡宮の近所(近く)の初詣はどこの神社がいい?オススメ3選!

こんにちは、くまごろうです!

 

年末年始の初詣に出かける方は

今回トラブルのあった富岡八幡宮はちょっと・・・

という方もいるかと思います。

 

そこで、今回は、

富岡八幡宮の近所(近く)で初詣に適した

富岡八幡宮と同じような役割の神社

を探してみましたので

ぜひ参考になさってください!

 

内容としてはこちらになります!

  • 最初に:別の神社に行くべき人とそうでない人
  • 富岡八幡宮と同じような役割の神社とは?
  • 富岡八幡宮から電車で30分圏内のオススメ3選!

 

この記事では単なる神社紹介だけでなく

神社を選ぶ際の豆知識的なことも

書いていきますので、

最後までお読みいただければ幸いです!

 

また、この記事の後半では、

今回の富岡八幡宮のトラブルについての

記事のリンクを置いておきますね!

ぜひ合わせてご覧になってください!

 

スポンサーリンク

 

最初に:別の神社に行くべき人とそうでない人

https://twitter.com/un_sept/status/935757743239127041

 

それでは最初に結論から言ってしまうと

オススメ3選となる神社は以下のとおりです!

  • 西久保八幡神社
  • 市谷亀岡八幡宮
  • 穴八幡宮

 

理由についてはこれから説明しますので

ちょっと長いですが、ついてきてくださいね!

 

まず最初に

富岡八幡宮以外でもいい人

富岡八幡宮に行くべき人について、

説明したいと思います。

 

ご存じの方もいるとは思いますが

神道には”氏神”という考え方があります。

 

日本の神様の場合、

西洋のキリストのように神様は人ではなく、

土地に憑くものと考えられていますよね。

 

なので日本の場合は、

生まれ育った場所の氏神が祀ってある

神社にはとてもゆかりがあって、

 

その土地に住んでいる限りには

氏神は変わりませんし、

変えるべきではないという考えがあったりします。

 

また、氏神には

鎮守という守り神的な要素もあり

生まれは違う土地でも、

引っ越して住んでいる場合は

氏神様に守られているという考えもあります。

 

なので、結論から言うと、

富岡八幡宮が氏子地域と定める地区に

住んでいる方や生まれた方は

富岡八幡宮へ行ったほうがよいです^^

 

”えーっ”と思われるかもしれませんが(汗)

今回トラブルになったのは、宮司争いです。

 

宮司は神様ではありませんし、

神社に仕えて、祭祀・造営・庶務を

つかさどる者の長というだけです。

 

もちろん、宮司の中身は人間ですし、

人間ですから今回のような血なまぐさい

トラブルも中には起こったりもします(たぶん)。

 

私も以前知り合いの知り合いが(汗)

明治神宮の宮司かなんかで結構揉めている

という話を聞いたことがありました。

 

その時はフーンと聞いただけでしたが、

今回のようなトラブルがあると、

こういう金や私情が絡み合う仕事

ということがわかりました。。。

 

ということで、少なくとも、

以下の氏子地域にお住まいの方は

引き続き富岡八幡宮へ行くことをオススメします!

 

氏子地域となっているのは、以下の場所になります。

  • 江東区青海
  • 江東区有明
  • 江東区石島
  • 江東区永代
  • 江東区枝川一丁目
  • 江東区越中島
  • 江東区扇橋一丁目
  • 江東区木場二~五丁目
  • 江東区清澄
  • 江東区佐賀
  • 江東区塩浜一丁目
  • 江東区東雲
  • 江東区白河
  • 江東区新木場一丁目
  • 江東区千石一丁目
  • 江東区辰巳
  • 江東区東陽
  • 江東区富岡
  • 江東区豊洲
  • 江東区平野
  • 江東区福住
  • 江東区深川
  • 江東区冬木
  • 江東区古石場
  • 江東区牡丹
  • 江東区三好
  • 江東区門前仲町
  • 中央区日本橋箱崎町
  • 中央区新川
  • 港区台場

さすが江戸時代から続く由緒正しき神社ですね!

 

江東区の広い地域だけでなく、

中央区日本橋箱崎町や新川、港区台場も入ります!

 

ということで、

この地域以外で何となく、

または富岡八幡宮が好きで初詣に来ていた方は

他の神社に行ってもいいかなと思います!

 

スポンサーリンク

 

富岡八幡宮と同じような役割の神社とは?

 

さて、それではどの神社に行くべきか?

 

これは適当な賑わっている神社でも良いんじゃない?

と思われるかもしれませんが、

それも間違いではありません(汗)

 

しかし、富岡八幡宮は”八幡神社”として

”江戸八所八幡”という由緒正しき系譜に

入っている神社なんですね。

 

そもそも江戸八所八幡って何?って話ですよね!

それは以下のとおりです!

江戸八所八幡宮(えどはっしょはちまんぐう)は、江戸、現在の東京に鎮座する、江戸期に興隆して著名となった八つの八幡宮・八幡神社。
八つの神社のほとんどが将軍家から崇敬を受け、一般庶民からも崇敬を受けた。創建は江戸期に限定されず、より古い時代のものも多く、式内社も含まれる。

八幡神として、もちろん応神天皇を中心としながらも、全国的には珍しい部類になるかもしれない、仲哀天皇を祀る神社も多いのが特徴。

東京のど真ん中、縦、横に比較的綺麗に並び、交通の便もよいので、御朱印収集巡りには最適なコースの一つ。

出典:http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1044230052.html

 

要するに江戸時代から将軍家が取り決めた

8つの八幡宮や八幡神社を指します。

 

将軍家が勝手に決めた神社なのか

というわけではなく、

もちろん昔からの言い伝えとも加味されながら、

あとは方角なども考慮されてチョイスされているはず!

 

そのうちの一つが富岡八幡宮だったんですね!

 

あと知らなきゃいけないのは、

八幡神社って何?って話だと思います。

 

八幡宮や八幡神社は

”八幡神”を祭神とする神社です。

 

八幡神とは、武運の神ということで

大昔から歴史があるんですが、

何にご利益があるのか?というのは

特定されていません(汗)

 

というのも、学問のご利益がある神社もあれば

安産にご利益がある場合もあります。

それはそれぞれです・・・

 

であれば、自分の住んでいる地域の神社を

調べて行けばいいだけなんですが、

先ほども言った江戸八所八幡は何かが違う(はず)!

 

ということで、

東京近郊でお住まいで富岡八幡宮の代わりに

初詣に行こうと考えている方は、

江戸八所八幡から選ぶのがベターかと考えるわけです!

 

富岡八幡宮から電車で30分圏内のオススメ3選!

 

ということで、冒頭に紹介しました

3つの神社があるわけです。

  • 西久保八幡神社
  • 市谷亀岡八幡宮
  • 穴八幡宮

 

これらの神社は富岡八幡宮から電車で

約30分で行くことができる神社です。

 

西久保八幡神社

 

西久保八幡神社は、

ビジネス街である神谷町からほど近くになります。

この神社は、寛弘年間(1004年~1012年)源頼信によって創建され、室町時代の武将で江戸城主となった太田道灌が現在の地に遷したと伝えられる。関ヶ原の戦いに際し、崇源院は戦勝を祈願し、後に社殿を造営している。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E8%99%8E%E3%83%8E%E9%96%80)

 

由緒や歴史も申し分ないですね!

江戸八所八幡から選んでいるので当然かもしれませんが(汗)

 

お参りが終わったら

六本木に繰り出してもよし

新橋銀座方面におりてもいい感じで

食事とかにも困らないですね。

 

市谷亀岡八幡宮

 

JR、東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線

市ヶ谷駅から歩いてすぐになります。

かなり交通の便がいいですね!

 

当神社は太田道灌が文明11年(1479年)、江戸城築城の際に西方の守護神として鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊を祀ったのが始まりである。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E8%B0%B7%E4%BA%80%E5%B2%A1%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE

 

こちらも室町時代から続く由緒がありますね。

 

何と言ってもアクセスが最高ですから

初詣終わった後に、新宿に出てもいいですし

変幻自在に食事エリアに移動できますね!

 

穴八幡宮

 

こちらも東京メトロ東西線「早稲田駅」から

徒歩3分と至近です。

 

社伝によれば、1062年(康平5年)源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め、八幡神を祀ったという。

1636年(寛永13年)ここに的場が造られ、この八幡宮を守護神とした。

1641年(寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れた。掘った人は「芽出度い」と大喜びし、以来、「穴八幡宮」と称するようになった。3代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護とした。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%B4%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE

 

歴史的にも古く、

何と言っても「横穴から御神像」という由来から

かなりご利益がありそうな感じがします

(個人的感想ですが・・)

 

こちらも高田馬場や新宿が近くにありますので

少し移動距離がありますが、初詣後の食事には

困ることはなさそうですね!

 

ということで、

いくつかご紹介してきましたが、

 

ちょっと遠くても

日本三大八幡宮の鶴岡八幡宮

へ行くぜって方は

ぜひ行ってみてください!

 

 

場所は鎌倉ですからね!(笑)

 

 

さて、お待たせしました!

今回のトラブルについてまとめた記事を

こちらに置いておきますね!

ぜひ合わせてご覧になってください!

 

富岡茂永の結婚歴・嫁や息子(子供)を調査!出身大学(学歴)はどこ?

2017.12.09

富岡長子の跡継ぎは?結婚して子供はいる?家系図や経歴も気になる!

2017.12.08

 

まとめ

 

さて、ここまで富岡八幡宮の他に

初詣に行くべき神社について

  • 最初に:別の神社に行くべき人とそうでない人
  • 富岡八幡宮と同じような役割の神社とは?
  • 富岡八幡宮から電車で30分圏内のオススメ3選!

を調査してきました!

 

いかがだったでしょうか?

 

大前提として氏子地域の方は変える必要なく、

それ以外の方は由緒正しき神社に行けば

基本的に間違うことはないように思います。

 

参考にしていただければ幸いです!

2018年も良い年にしていきましょうね!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です