ビットコインの2018年の大暴落はどこまで?今後の長期チャートで解説!

こんにちは、くまごろうです!

 

今年に入ってビットコイン相場が

急激に大暴落状態になっちゃいましたね(汗)

 

投資は余剰資金でやることが第一ですから

大やけどしないように気をつけてくださいね。

 

僕は他にもテクニカルチャートの分析を

やっていたりしているので、

今の相場を分析してみました。

 

今の大暴落を見てビットコインを辞めよう

と考えるのもひとつですが、

一度冷静になって今後の動きを

考えてみるいいチャンスかもしれませんね。

 

そこで、こちらでは、

  • ビットコインの2018年大暴落相場はどこまで続く?
  • 反転ポイントを長期チャートから解説!

を書いていきますね!

 

また、この記事の後半では、

Weekly bitcoin 2017/01/17版の

動画を掲載しています。

落合陽一さんは、私がいかに説明している

②を見据えているようです。

 

また、ビットコイン相場をテクニカル的に分析したい

という方向けにリンクを置いてあります!

ぜひ合わせてご覧になってください!

 

スポンサーリンク

 

ビットコインの2018年大暴落相場はどこまで続く?

 

さて、早速ですが、

現状の相場の下落はどこまで続くのでしょうか?

 

ま、その前に

相場において大切なことを最初に

お伝えしておきますね!

 

まず、相場に絶対はない、ということです。

 

ここで上がるだろうと思っても

下がり続けることがありますし、

その逆もしかりです(汗)

 

まぁ、身も蓋もないことを言うようですが、

相場にお金をかけるのであれば必ず

覚えておかなくてはなりません。

 

そして、上がるか下がるかは

やっぱり1/2の確率なんですね。

 

ただ、チャートを読めるようになると、

少しだけ優位性が高くなるだけです。

 

それは数%かもしれませんし、

十数%かもしれません。

 

そのときに大事なのは、

  • どこが撤退ポイントなのか
  • または撤退しないで無になるのを覚悟するのか

最初に決めておくことです。

 

これらのことを承知した上で

相場にお金を投じることですね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

現状の相場の下落はどこまで続くのでしょうか?

 

結論からすると、やはり最終的には

上がっていく可能性が高いですが、

どこまで下がるか予想できていないと

パニックになって玄人の餌食になってしまいます。

 

その辺は次のチャート分析にて解説しますね。

 

現時点で下げ止まる可能性はあります。

 

それはすぐには結論は出ません。

最終的には数週間見ていく必要があると見ています。

 

スポンサーリンク

 

反転ポイントを長期チャートから解説!

 

それでは、

反転ポイントを長期チャートから

説明していきますね。

 

 

上のチャートは日足チャートになります。

 

長らく地をはうように進んできた相場は

昨年中盤から一気に上昇してきました。

その辺はご存知のとおりです。

 

しかし、その上がり方はかなり急激でした(汗)

 

今は、その調整段階です。

 

調整段階とは、今までポジション持ってた人が

天井かな?と思って利確しているところです。

 

ただ、その利確ポジション量が大きいので

一気に下落しているということです。

 

あ、なぜ利確されると下落するのかというと

買いの利確=売り注文=下がる

という原理ですね。

 

で、今のポイントは、BTCJPYで解説すると

最高値(220万円)の半値です。

現在100万円なので、

ほぼ220万円の半分なので、半値です。

また、黄色の下降チャネルラインの下限にタッチして

かつ、青色の上昇トレンドラインにタッチしました。(○部分)

 

 

つまり、複数のラインに接しているため、

同じくチャートを見て分析しているプロ

ひとつの下げ止まりポイントかもしれない

と思っている可能性が高いです。

 

つまり、玄人ほど下がってきたら

安くなったビットコインを買っている

というのが現状かもしれないということです。

 

つまり、素人のパニック売りを

玄人がニコニコして買っている

そんな状況かもしれません。

 

 

しかし、

一旦は上昇する可能性がありますが、

 

図にあるとおり、

そのまま①のように上昇を続けるか

 

②のように再度下げられて100万円ラインを

大きく割る可能性もあります。

 

②の下落背景としては現在BTC相場が

下降トレンドに突入したことにあります。

 

テクニカル的には「戻り売り」を狙う場面と言われます。

 

 

海外の投資家ほどトレンドに沿うと言われており、

下降トレンドになったビットコインは

売られる可能性があります。

 

なので、①、②の分岐は売買の壮絶な攻防があるところです。

売り勢力が勝った場合(②)は

56万円付近が次の止まるポイントかもしれません。

 

あと、③は仮想通貨によくある暴落暴騰のパターンです。

 

 

矢印で示したラインを登ったら、

そのまま上行っちゃうパターンです。

 

ただ、ビットコインの保有ユーザーの多くは

中国人と日本人と言われており、

日本人は”逆張り”傾向にあるため、

(この場合下がったら買う傾向が強い

 

その背景を考えると上がるほうが

僅かに優勢かもしれません。

 

しかし、正直どれもありえますし、

どれが発生しやすいとかないです。

 

ただ、こういうのがなんとなく見えていると

下がった時にパニックになって損切りするとか

しないでドッシリ待ち構えられると思います。

 

なお、投資判断は個人によりますので

何らかの利益を保証するものではないので

その点はご了承ください。

 

 

さて、お待たせしました!

落合陽一さんによるビットコイン解説、

Weekly bitcoinです!

上のチャートと合わせてみると

良いかもしれませんね!

 

 

さて、もし、今後のために相場について

勉強したいなって方は、

以下のリンクから勉強してみてくださいね!

>>相場をシンプルに理解する<<

 

まとめ

 

さて、ここまで直近のビットコインについて

  • ビットコインの2018年の大暴落はどこまで?
  • 今後の長期チャートで解説!

を分析してきました!

 

もう一度まとめますと、

現在は下げ止まるポイントに来ています。

 

 

このまま急激に上がるか、ゆっくり上がるか

というのが基本路線ですが、

 

トレンドラインに支えられなければ

一気にさらに半値である50万円台も

見えてきます!

 

今まではビットコインは

買っておけばお金が増えましたが

これからはそうは行きませんので、

しっかりライン等を引いてチャート分析

してみてくださいね!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です