仙台育英野球部の過去の不祥事と甲子園出場辞退の可能性はある?

こんにちは、くまごろうです!

 

ショッキングなニュースが飛び込んできました。

 

今年の夏の甲子園でベスト8に入った

仙台育英高校野球部のメンバーが

飲酒・喫煙したことが判明し

無期限活動停止となってしまいました。

 

うーん、何でこんなことが起こるのか

不思議でなりません。。。

 

こちらでは、仙台育英野球部について

  • 過去の不祥事はどんなものがあった?
  • 来年夏の甲子園には出場できるのか?出場辞退は?

について調査していきます!

 

また、この記事の後半では

今年夏の甲子園、大阪桐蔭戦のサヨナラの場面

この動画を置いておきます!

他の生徒に非はありませんので、応援する意味でも

ぜひ合わせてご覧になってください!

 

スポンサーリンク

 

過去の不祥事はどんなものがあった?

 

さて、早速ですが、仙台育英高校野球部の

過去の不祥事について調査していきます!

 

その前に今回の不祥事の内容を

再度確認しておきましょうか。

仙台育英高などによると、飲酒や喫煙をしていたのは、3年の元野球部員と2年の現役部員、3年の元剣道部員の生徒計8人。11月27日夜に仙台市青葉区の飲食店で酒を飲み、急性アルコール中毒の疑いで救急搬送された生徒もいた。生徒の中には公式戦でベンチ入りしていた野球部員も含まれている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000001-khks-soci

 

不祥事に絡んでいたのは、

引退した3年生だけでなく

現役の2年生も含まれているとのこと。

 

それに同校剣道部の3年生を含む総勢8人です。

 

正直言って何やってるの?と

全国民が思うような事態だし、

高校野球ファンの期待を大きく裏切る事になりましたね。

 

こういう事態になったことで責められるべきは

もちろん自覚のない当事者たちですが、

同様に指導する側にも大きな責任があったのでは?

と考えざるを得ませんよね。

 

なぜなら、

やはり彼らは成熟しきってない子供だし

何も指導がなければ、こういう不祥事は起こりえます。

 

勝てば官軍じゃないですが、

そこばかり目が行き、

 

自分たちが大きな責任を負っていることを

自覚させられなかった

監督や部長にも責任があると思いますよ。

 

まー、それは置いておいて、

この仙台育英高校野球部は過去にも

不祥事を起こしています。

 

被災地での不法侵入(2011年6月)

 

これは当時の野球部員が被災地に行った際に

無人の店舗から商品を盗んでしまったという不祥事です。

 

こともあろうに被災地がまだ傷跡深い時に

そのようなことをしてしまうとは、

本当に軽率ですし、許されることではありません。

 

ただ、この際は生徒たちも真摯に反省をしている

ということで

 

高校野球連盟からの厳しい処分はありませんでした。

 

ただ、6年経っていて

生徒は入れ替わっているとはいえ

同じ高校が再度不祥事をしてしまうというのは

前代未聞ですよね。

 

ということで言えば、

生徒個人の問題もありますが、

 

やはり学校側の管理責任に問題があったという

検討も必要ではないでしょうか。

 

最近での高校野球部の飲酒喫煙行為は?

 

さて、そんな仙台育英野球部だけでなく

日々全国の高校野球部や甲子園常連校で

飲酒喫煙などの問題が発生しています。

 

最近の話で言えば、これまた夏の甲子園に

出場した伝統校、松商学園の野球部員2人が

飲酒・喫煙をしたとして厳重注意を受けています。

 

また北海道の鵡川高校でも今年の9月に

喫煙が発覚し選抜出場がかかった

秋の全道大会予選への出場を辞退しています。

 

また昨年6月には佐賀の龍谷高校野球部が

部室のボヤ騒ぎから喫煙が発覚し、

当時県大会ベスト4まで来ていたチームは

出場を辞退する結末となっています。

 

また、こちらはサッカーですが、

宮崎県の鵬翔高校サッカー部でも

喫煙が見つかり、最後の大会の出場を辞退しています。

 

本当にいたるところで高校生の喫煙問題が

発生していますね。しかも、すべて強豪校です。

 

基本的に強豪校へ入ってくる生徒というのは

中学まではその地域で一番上手い選手なので

お山の大将になっている子も多いでしょう。

 

そんな子たちをしっかり指導しないと

やはり不祥事を起こす生徒も出てきます。

 

その辺の認識は

指導する側もしているとは思いますが、

気の緩みなどもあったのではないかと

思わずには居られません。

 

スポンサーリンク

 

来年夏の甲子園には出場できるのか?出場辞退は?

 

さて、そんな不祥事を起こした仙台育英野球部は

これからどうなってしまうのでしょうか?

 

今現在としては、仙台育英高校として

野球部の無期限停止処分を下していますので

この処分が解除されない限り

来年の夏の甲子園にはいけません。

 

また、高野連の処分という意味では、

先程出てきた松商学園の処分に習うと

不祥事を行ったのはチームとしてではなく

生徒個人の問題としているため、

厳重注意として厳しい処分はない可能性が高いです。

 

だって、そうじゃなければ不公平でしょ(笑)

 

松商学園は来年甲子園出られて

仙台育英が処分を受ける事自体

 

おかしなことになるので、

高野連はそんなおかしな裁定はしないでしょう。

 

そうなるとあとは学校長の判断ですよね。

 

ただ、停止処分を解除するのって

簡単ではないことは間違いないです。

 

間違いなく当事者に対する処分や

監督、部長への処分がなされる可能性が高い。

 

その上で3ヶ月か半年か期間を置いて

活動停止処分が解除される

というのが最もありえるシナリオでしょう。

 

そうじゃなきゃ、

やはり当事者以外の生徒が可愛そうですし、

 

甲子園やそれ以降の野球の道が

途絶えてしまいますから、

 

どこかで停止処分は解除してあげて

ラストチャンスを与えて欲しいと考えちゃいますね。

 

仮にそのシナリオに沿った場合は、

来年夏の県予選は出るでしょうし、

もしも優勝となったら全力で戦ってほしいです。

 

ただ、甲子園出場はそんな甘くないですけどね!

 

また、そんな甘くない状況としては、

来年1年生として入る予定の生徒が

軒並み辞退し、ライバル校や周辺の強豪校に

移ってしまうことが考えられます。

 

その結果、来年までは良いとしても

再来年は戦力もガクンと落ちて

しばらくは仙台育英が甲子園に来ることは

なくなる可能性が高まりますね。

 

どちらにしても、

高野連や仙台育英高校の学長の

今後の判断を見守るしかなさそうです。

 

さて、お待たさせしました!

冒頭にも書きましたが、仙台育英が

夏の甲子園で大阪桐蔭に勝った試合を

ぜひご覧になってください!


 

まとめ

 

さて、ここまで仙台育英野球部について

  • 過去の不祥事はどんなものがあった?
  • 来年夏の甲子園には出場できるのか?出場辞退は?

を調査してきました!

 

いかがでしたでしょうか?

 

起こった事態は戻しようがありませんので

しっかり反省や対処をして、また長い目で

しっかりした姿を僕達に見せて欲しいと思います!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です