本間希樹(天文学者)のプロフと経歴は?電波望遠鏡について調査!


スポンサーリンク


こんにちは、ぽんぴょこです!

(。・ω・。)つ━☆.:*:・゚’゚・:*:・˙

 

出典:https://www.nao.ac.jp

410日、

人類史上初めてブラックホールの撮影に成功した

という凄いニュースが世界中で流れました!

 

 

公開の瞬間、どよめきが起こっていますね!

 

この研究を熱心に続けてこられたのは

天文学者の本間希樹(ほんままれき)さんです。

 

今回撮影したブラックホールは観測天体M87という

おとめ座にある楕円銀河なのですが、

本間希樹さんも9月生まれのおとめ座らしいのです!

 

何か引き寄せたのでしょうか!?(笑)

 

その引き寄せる男(笑)本間希樹さん

なんと、414日(日)の「情熱大陸」に

出演されるそうですよ!

 

今回は今話題の天文学者!

本間希樹さんについて色々調べてきました☆彡

  • 本間希樹(天文学者)のプロフと経歴は?
  • ブラックホールとは?
  • 電波望遠鏡について調査!

の順でお話ししていきますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本間希樹(ほんままれき)のwikiプロフと経歴は?

出典:https://www.mbs.jp

 

◆プロフィール

  • 名前  本間希樹(ほんままれき)
  • 生年月日  19719月(47歳)
  • 出生地  アメリカ合衆国テキサス州
  • 職名  国立天文台 水沢VLBI観測所 所長 / 教授
  • 主な研究分野  電波天文学、銀河天文学
  • 中学・高校  私立栄光学園
  • 大学  東京大学理学部天文学
  • 大学院  東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了
  • 学位  理学博士

◆経歴

  • 19964月~19993月  学術振興会 特別研究員
  • 19994月~20008月  国立天文台水沢観測センターCOE研究員
  • 20009月~20074月  国立天文台地球回転研究系助手
  • 20074月~20078月  国立天文台水沢VERA観測所准教授
  • 200910月~11月  ドイツ マックスプランク電波天文研究所 客員研究員
  • 20153月~  国立天文台 教授(現職)、総合研究大学院大学 教授(併任)
  • 20154月~  国立天文台 水沢VLBI観測所所長(現職、併任)

 

本間希樹さんは子供の頃から星を見るのが好き

自然科学の研究者を夢見ていました。

 

その夢を追って勉強をたくさん頑張ります☆彡

 

入学した私立栄光学園は、なんと偏差値71!!

 

目玉が飛び出るくらい頭が良い学校です…!

 

そして大学は東京大学の理学部と、

これまた偏差値75の超難関大学ですね!

 

その後は大学院に進み、

理学博士の学位を取得されます。

 

「エリート街道まっしぐら」

とはこのことか…!Σ(Д)

 

本間希樹さんは大学卒業後、

国立天文台の職員として就職します。

 

国立天文台とは

国立天文台は、

日本の天文学の中核を担う研究機関です。

 

大学共同利用機関として、

大規模な天文観測・研究施設を

全国の研究者に提供するとともに、

天文学研究と天文観測機器の開発を

広く推進しています。

 

さらに世界の先端研究機関として、

国際協力のもと、

天文学の発展のために活動しています。

 

引用:https://www.nao.ac.jp

 

宇宙はどのように進化してきたのか?

星や銀河はなぜ生まれたのか?

私たち生命はこの宇宙とどのような関係なのか?

 

このような問いに挑む研究機関ですね。

 

子供の頃から星に憧れて、

実際に研究者の夢を叶えちゃうなんて凄すぎです!

 

現在は国立天文台の

水沢VLBI観測所長 / 教授を務めています。

 

水沢VLBI観測所は、電波望遠鏡を用いて

天の川の計測・観測やブラックホールの撮影に

チャレンジしている観測所です!

 

そういえばニュースにも

「電波望遠鏡」の文字が出てきていましたが、

いったいどんなものなのでしょうか??

 

詳しく調べてみました☆彡

 

…とその前に、

そもそもブラックホールについて

あまり詳しく知らなかったので

合わせて調べてみましたよ♪

 

スポンサーリンク



ブラックホールとは?

 

今回人類史上初めて撮影された

「ブラックホール」!!!!!

 

いつかは宇宙全体を飲み込んでしまうかも

と言われているとか…!?

 

詳しいことは良くわからなくても

「ブラックホール」という名前は

誰しも聞いたことがありますよね!

 

SF映画や小説などで

「一度入ったらもう二度と

出てこられない恐ろしい存在」

「宇宙の怪物」

なんて言われてたりもします。

 

恐ろしや~((;゚Д)ガクブル

 

サイエンス劇場 ブラックホール01 –

 

ここからは天体とか理系とか?

よくわかんな~い!っていうぽんぴょこにも分かるよう、

かみ砕いて説明していきます(笑)

 

ブラックホールとは光さえ脱出できない

強い重力を持った暗黒の天体のことです。

 

物理学的には、

「強い重力があるものがあると

その周りで光が曲げられる」

アインシュタインが100年前の1915年に提唱した

一般相対性理論がありますよね。

 

この頃から

ブラックホールの存在が予言されていました!

 

100年前に予言しちゃってるとか

凄すぎでしょ!Σ(Д)

 

天文学的には銀河の中心に重い天体があり、

それがブラックホールであると考えられてきました。

 

今まで「ブラックホールがそこにある!」

という証拠をいくつも積み上げ、

「ある」という事を皆が信じてきましたが、

実際にこの目で見たことは一度もありませんでした。

 

それが今回の発表した、たった一枚の写真で

「ブラックホールを見る」

という事ができたのです!!!!

 

ニュースを見たときは

「へ~ ブラックホールかぁ~☆」

としか思ってなかったのですが(笑)

 

こうして考えると凄すぎませんか!?

100年越しの想いが叶ったんですよ!!!!

(*゜∀゜)=3!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

電波望遠鏡について調査!

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

今回のブラックホール撮影では

世界の13機関を中心に200名を超えるメンバーが

関わっているプロジェクトだそうです。

 

で、なにで撮影したかというと

「電波望遠鏡」というもの。

 

望遠鏡といえば、

レンズがある物を想像しますよね。

 

ですが電波望遠鏡はレンズがないのです!

 

名前に「電波」とあるように、

レンズではなく、電波で撮影します。

 

ブラックホールの電波を観測し、

影絵のように浮かび上がらせる形で

撮影をしていくのです。

 

出典:https://www.nao.ac.jp

 

世界各地の6か所8の電波望遠鏡を組み合わせて

地球と同じ大きさの直径1km

ドデカイ電波望遠鏡で撮影しました。

 

そんな地球規模の電波望遠鏡を疑似的に作って

ブラックホールが撮影できたのですが

視力は「300万」というから驚きです!

 

ぽんぴょこより視力が良い!!!!

っていう次元じゃない(笑)

 

そんなすんばらしい電波望遠鏡を使い

世界中の研究者達が熱意を持って取り組んだ結果

人類初のブラックホールが撮影できたんですね!

 

感動です☆ 。゚ヽ(´Д)ノ゚。 ヤッター

 

是非合わせてご覧くださいませ!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、本間希樹さんについて

  • 本間希樹(天文学者)のプロフと経歴は?
  • ブラックホールとは?
  • 電波望遠鏡について調査!

についてお話してきました!

 

男のロマンがうんたらかんたら

って言いますが、カッコイイですねぇ~☆彡

 

ちなみに今回公開されたブラックホールの写真

輪っかがペタっとあるように見えますが

そうではないらしいのです!

 

出典:https://www.nao.ac.jp

 

こんな感じで、ブラックホールが

薄い光の球体の衣をまとっているそうなのです。

 

そんな説明を聞いて

エビフライをイメージしましたが…

あってるのかな!?あってるよね!?

 

あ~エビフライ食べたくなってきた!

今夜はエビフライにしよ~っと♪

 

 

 


スポンサーリンク

関連コンテンツ


おすすめ記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です