篠崎洋一郎(はれのひ)の計画倒産の理由!詐欺への対処(対応)は何をすべき?

こんにちは、くまごろうです!

 

先ほど別記事を書きましたが、

  • 篠崎洋一郎(はれのひ)が計画倒産した理由
  • 詐欺被害への対処(対応)方法

を合わせて書いておいたほうが良いと

思いましたので追加しますね。

 

元記事についてはこの記事の後半に

リンクを置いておきますので、

まだ読まれていない方はチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

篠崎洋一郎(はれのひ)が計画倒産した理由

 

さて、篠崎洋一郎(はれのひ)は、

なぜこのタイミングで倒産したんでしょうか?

 

理由は明確で資金が回らなくなったから

 

なんですが、

なぜ回らなくなったのか?

が非常に大事です。

 

ここは憶測になってしまいますが

良くない所からお金を借りていたんですよ。

それは消費者金融とかじゃないですよ。

 

もっとヤバイところからお金を借りていた

ということです。

 

まさにウシジマくんの世界じゃないかと

まず間違いないのではと思われます。

 

そうでなければ、

 

普通に金融庁が管轄している

金融機関からの借り入れだけであれば

 

会社更生法という法律でやり直しや

債権者への責任も多少なりとも果たせます。

 

しかし、ツイッターなどの情報を見ると

福岡のマネージャーが

「年明けから連絡が取れない」

と言っていることから

 

間違いなく成人式の対応をするつもりもなく

計画的に逃げていますね。

 

事務所がもぬけの殻ということも

その証拠です。

 

では、なぜ会社更生法に頼らず

夜逃げのように倒産して利用者へ大迷惑をかけたのか

というと、それは先ほど書いたように

 

超ブラックな、カウカウファイナンス以上の

ヤバイところからお金を借りてしまったこと。

 

これが理由でどうにもクビが回らなくなって

自分の身可愛さにお金とお客様から

預かっているすべての資産を持って

逃げてしまったのではないでしょうか。

 

考えるに、すべてのお金と着物は

債権者に全部渡され、篠崎洋一郎も

無一文状態で海外へ逃亡した可能性もありますね。

 

これで命が許されるのかどうかはわかりません。

 

間違いなく規模が大きく伸びていたので

そこに良くない人間が寄ってくるんですよ。

 

で、持ち上げられて、最初は拒否しても

そのうち、返せるだろうと軽い気持ちで

お金を借りてしまう。

 

そこから転落が始まった可能性は高いです。

 

本当かウソかわかりませんが、

はれのひの売上高はココ最近は

毎年1億円ずつ上がっているんですよ。

 

それで事業運営が続かないはずがない

というのが普通の考え方ですよね。

 

なので、

 

単純に事業が回らなくなった以外の

ヤバイ状況もあったに違いない

 

と推測することは簡単かと思います。

 

ただ、こんな複雑なことではなく、

単純に計画倒産したとしたら、

 

それも間違いなく許されることでないので

司法により裁かれ義務を果たすことを願うしかありません。

 

スポンサーリンク

 

詐欺被害への対処(対応)方法

 

さて、話は変わりますが、

はれのひで詐欺被害に合われた方は

こちらのツイートを参考にしてください。

 

 

クレジットカードとかローンで

振り袖の契約した方は速攻で

金融機関へご連絡してください。

 

その他にも警察への被害届や

証拠の保持など必要なことをしておきましょう。

 

 

さらに、この事態に対して

業界としても支援の輪が広がっています。

 

こちらも利用してみると良いですね。

 

支援されているツイート

 

今日は本当に残念な日になりましたが

まだ諦める必要はありません。

 

以下にこの事態に支援を表明している

業者さんのツイートを掲載しますので

相談してみてください。

 

無償または安く対応してくれるそうです。

 

さて、こちらは、別記事で事件の概要や

篠崎洋一郎についてまとめた記事です。

まだ見られていない方はごらんください。

篠崎洋一郎(はれのひ)の顔写真や逃亡どこを調査!経歴や学歴はどう?

 

まとめ

 

さて、ここまで篠崎洋一郎の計画倒産の理由や

詐欺被害に会われた方の対処(対応)方法について

まとめてきました。

 

ぜひ参考にしていただければと思います!

 

ただ、皆さんの先は長く楽しいものになるので

これに負けないように頑張って欲しいです!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です