吉田輝星(金足農)の球速・球種や投球フォーム!ドラフト評価もチェック!

こんにちは、くまごろうです!

 

2018年侍ジャパンU-18一次候補

に選出された金足農の吉田輝星投手

注目が集まっています!

 

全国何万人もいるなかから

30名にリストアップされていて

その期待度は相当高いですね!

 

そこで、こちらでは吉田輝星投手について

  • 吉田輝星(金足農)の球速・球種や投球フォーム!
  • ドラフト評価もチェック!
  • 進路先はプロそれとも大学?

を調査していきます!

 

さらにこの記事の後半では

吉田輝星投手の2017年夏準決勝の

熱投を動画で掲載しています!

ぜひ合わせてご覧ください~

 

スポンサーリンク

 

吉田輝星(金足農)の球速・球種や投球フォーム!

 

さて、早速ですが、

吉田輝星投手の球速・球種や

投球フォームをチェックしていきましょう!

 

と、その前に吉田輝星投手のプロフィールや

名前の読み方についてもおさらいしましょう!

 

吉田輝星のwikiプロフや読み方

名前 吉田輝星(よしだ・こうせい)
生年月日 2001年1月12日(執筆時17歳)
出身 秋田県潟上市(かたがみし)
所属 金足農業
身長体重 175cm/82kg
投打 右投右打
経歴 天王小→天王中
中学生時代県ベスト4金足農へ進学
1年秋からエース格
2年夏県大会で準優勝(5試合4完投)
3年春県大会優勝(8試合5完投)

侍ジャパンU-18 一次選考選抜

最高球速 147km/h(2018年春)
球種 ストレート
スライダー
カーブ
スプリット

 

吉田輝星投手の読み方は、

「こうせい」と読むんですね。

「きせい」かと思ってましたw

 

さて、吉田輝星投手は

野球エリートというより

中学校まで軟式野球で実績を残していました。

 

県大会ベスト4まで進んで

金足農へ進学しています。

 

金足農業は県立高校なので

推薦はなく普通に受験をして

進学していますね。

 

父親が金足農で野球をしていたそうで

その影響もあったようですね。

 

学校の偏差値も50弱ということで

農業高校としては普通ではないでしょうか。

 

ただ、金足農は秋田県の野球名門校で

甲子園に4回出場し、最高ベスト4まで

進出している実績を持っています!

 

秋田県内でも常に上位に出てくるので

甲子園出場のチャンスは大きいと言えるでしょうね。

 

しかし、トリビアとして知ってほしいのは

金足農出身者にあの佐々木希さんがいるんですw

 

 

あ、話がそれました。。。

 

本題の吉田輝星投手の球種・球速や

投球フォームについてです。

 

早速ですが、

動画でフォームをご覧いただけます!

 

まず球速は最高球速147km/hと

高校球児屈指の球速を誇ります。

 

球種は持ち前のストレートを活かす

  • スライダー
  • カーブ
  • スプリット
  • ツーシーム

という本格派右腕として王道の

球種を磨いていると言えるでしょうね。

 

投球フォームも本格派のオーバースローです。

 

特に2017年夏の県大会で準優勝してから

本格化しています。

 

2018年春の県大会では

2017年夏の決勝で敗れた明桜高校を完封しています。

 

明桜高校を破ったこともありますが

春の大会では久しぶりの県大会優勝を果たし

一躍2018年夏の甲子園有力校として

名乗りを上げることになりそうです。

 

同時に全国から30人しか選ばれない

侍ジャパンU-18一次選考に入っています。

 

最終的には夏の甲子園大会が終わってから

18人にまで絞られるということですから

甲子園出場だけでなく、本大会でも

活躍してほしいと思うばかりです!

 

スポンサーリンク

 

ドラフト評価もチェック!

 

さて、そんな吉田輝星投手ですが、

侍ジャパンU-18に選考されるレベルですから

プロ野球界からも注目されていることでしょうね。

 

と思ったら早速ありました。

 

春の東北大会で専大北上と戦った時に

専大北上の監督をされている元巨人

中尾監督から「桑田級」と評価されています。

 

それだけでなく、

2018年春の大会では

プロ野球12球団が視察に来ているようで

どの球団からも注目されているのは

間違いないですね。

 

進路先はプロそれとも大学?

 

さて、これだけ注目されているので

プロ志望届を出すものと思われますが

どうなのでしょうか?

 

もちろんプロ野球にそのまま進む可能性が

非常に高いとは思いますが、

 

最近の金足農出身のプロ野球選手である

石山泰稚投手を見てみると、、、

 

 

石山泰稚投手は、

金足農からドラフトされていません。

 

一度東北地区の野球の名門、

東北福祉大学で経験を積んでいます。

 

特に吉田輝星投手の場合、

中学まで軟式で硬式野球は高校からです。

 

もっと基礎体力や技術力を身につける

という考え方で大学進学する可能性もあります。

 

その場合は、先ほど出たような

東北福祉大学だけでなく

岩手の富士大学などプロ野球選手を

多く輩出する大学がたくさんあり、

一旦大学を経由する可能性も高いですね。

 

その辺は最終的には吉田輝星投手や

ご両親の考え方次第というところですね。

 

まずは2018年夏の結果によりけりかな

というところでしょうか。

 

 

さて、お待たせしました!

2017年夏の準決勝1失点完投した

試合をご覧いただくことが出来ます!

ぜひ合わせてご覧ください~

 

さらにこちらは2018年夏の甲子園予選展望です!

きになったら是非チェックしてみて下さい!

 

今年のドラフト候補生を記事に

まとめています!

ぜひ合わせてご覧ください!

中田朋輝(広島大)の球速・球種や投球フォーム!評価や出身高校を調査!

2018.06.03

 

まとめ

 

さて、ここまで吉田輝星投手について

  • 吉田輝星(金足農)の球速・球種や投球フォーム!
  • ドラフト評価もチェック!
  • 進路先はプロそれとも大学?

を調査してきました。

 

高卒出身でプロ野球選手として

バリバリ活躍し始めるのは

なかなか難しいところがありますが

吉田輝星投手はどうなるのか今から楽しみですね!

 

まずは2018年夏の甲子園に出場して

全国レベルの活躍を見てみたいです!

 

活躍を楽しみにしていきましょう!

 

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です