直江大輔(松商)の父やドラフト評価を調査!球種・球速や投球フォーム!

こんにちは、くまごろうです!

 

侍ジャパンU-18一次候補に選出された

松商学園の直江大輔投手に注目が

集まっています!

 

最終選考結果は

夏の甲子園終了後発表されますね。

 

直江大輔投手がこの夏にどんな活躍をして、

その後の侍ジャパンU-18やドラフト会議で

どんな注目を集めているのでしょうか?

 

非常に気になりますよね!

 

そこでこちらでは、直江大輔投手について

  • 直江大輔(松商)の父やドラフト評価を調査!
  • 球種・球速や投球フォームをチェック

を調査していきます!

 

さらにこの記事の後半では

直江大輔投手が2017年の甲子園で

投げている動画を掲載しています!

ぜひチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

 

直江大輔(松商)の父もすごい?

 

さて、早速ですが直江大輔投手の

父親が凄いと噂になっているので

調査していきます!

 

と、その前に直江大輔投手について

簡単にプロフィールをチェックしましょう!

名前 直江大輔(なおえ・だいすけ)
生年月日 2000年6月2日(執筆時18歳)
ポジション 投手
身長/体重 183cm/73kg
投打 右投右打
所属 松商学園高校
寸評 昨夏の甲子園大会2回戦の盛岡大付高戦に2番手として登板、2失点を喫するがストレートが最速142キロを計測。右腕が背中のほうに入る以外はクセのないフォームで、右打者の内角をえぐるチェンジアップはベストボール。

出典:https://live-sports.yahoo.co.jp/special/baseball/amateur/player/2018_hs_pitcher/naoe_daisuke

 

出身は長野県長野市で中学時代は

シニアで硬式野球をやっていました。

 

高校は名門松商学園へ進学して

1年秋からダブルエースの一角として

2年夏の県大会を9年ぶりに優勝し

甲子園でも投球を披露しています。

 

新チームの2年秋は北信越大会ベスト8。

 

今年の夏の甲子園でも注目を浴びるでしょうね。

 

 

さて、そんな直江大輔投手の父親も実は

注目を浴びたりしています。

と言っても長野県と北信越地方に限られていますが。

 

直江大輔投手の父親は晃さんと言って

1985年春、86年春夏と3度甲子園出場した

当時有名な投手だったようです。

 

しかも

1985年秋の明治神宮大会では

見事優勝しています!

 

その意味では直江大輔投手は

サラブレッドの血を引いていると言えますね。

 

すべてが大成するとは限りませんが

直江大輔投手の場合は、昨年からの活躍もあり

親子して甲子園出場する可能性も多分にあります。

 

直江大輔投手のドラフト評価は?

 

そんな直江大輔投手にプロ野球球団の

評価はあるのでしょうか?

 

オリックスのみコメントが残っていますね。

直江くんは指先の感覚が良く将来的に楽しみ

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201806110000080.html

と言うコメントがあります。

 

気になるのは”将来的に”という部分ですね。

 

高校でドラフトにかけて

じっくりファームで育てるのか

大学・社会人に一旦行って鍛えてから

再度ドラフトにかけるのか、

と言う部分については何とも言えないですね。

 

特に他の強豪校のエース級に

大きな注目が集まっている状況なので

直江大輔投手にどれくらい素材として

見出しているのかという点ですね。

 

この秋にドラフトにかかるためには

やはり甲子園出場と侍ジャパンU-18での

活躍は必要な感じもしますね。

 

スポンサーリンク

 

球種・球速や投球フォームをチェック

 

さて、それでは直江大輔投手の

球種・球速や投球フォームをチェックしてみましょう。

 

まずはこちらの投球動画をご覧ください。

 

投球フォームは右のオーバースロー。

 

最高球速は144km/hです。

球種は伸びのある直球に

スライダー、チェンジアップ、カーブと

完全に本格派投手という感じですね。

 

2017年秋県大会準々決勝でも

16奪三振を奪っており、

甲子園での奪三振ショーも楽しみですね!

 

プロ志望届を出すのか大学進学か?

 

さて、そんな直江大輔投手は2018年に

ドラフトでプロ球団に入団するのでしょうか?

それともあと4年地力を付けてから

プロの門をたたくのでしょうか?

 

結論は現時点では何とも言えませんが

オリックスが注目していることは間違いなく

ということは他のチームもしかりです。

 

夏の大会や侍ジャパンU-18の結果如何で

ドラフトでの争奪戦も勃発するかもしれません。

 

そうなったら本当に楽しみですね。

 

しかし、2018年夏の結果が出なかった場合は

野球の名門大学へ進んでさらに実力をつけてから

再度プロへチャレンジする可能性もあります。

 

プロ野球球団が育成力を発揮できれば

高校でのドラフトも可能性ありますが

契約条件が低い可能性もあります。

 

その辺は直江大輔投手や父親の晃さん

の判断になるとは思いますが、

安くても実力で這い上がってくるのか、

もう数年実力をつけて鳴り物入りでプロに行くのか。

 

今からどうなるのか楽しみな選手ですね。

 

また動向がわかったらこちらでもアップしていきます!

 

 

さて、お待たせしました!

昨年夏の甲子園でもピッチング動画です!

ぜひチェックしてみてください!

 

さらにこちらも

今年の甲子園を先取りする意味で

ぜひ手に入れておいたほうがよいですよ!

 

今年のドラフト候補生を記事に

まとめています!

ぜひ合わせてご覧ください!

門馬亮(藤岡中央)の出身中学校はどこ?球速・球種や投球フォームを調査!

2018.06.24

吉田輝星(金足農)の球速・球種や投球フォーム!ドラフト評価もチェック!

2018.06.24

中田朋輝(広島大)の球速・球種や投球フォーム!評価や出身高校を調査!

2018.06.03

 

まとめ

さて、ここまで直江大輔投手について

  • 直江大輔(松商)の父やドラフト評価を調査!
  • 球種・球速や投球フォームをチェック

を調査してきました!

 

甲子園で活躍することがプロでの活躍と

イコールではありませんが、既に

プロ球団からスカウトが集まっている

ということからすれば、かなりの注目株ですね!

 

この夏から秋にかけて期待できそうです!

楽しみにしていきましょう!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です