猪野正哉(モデル)のwikiプロフと経歴!焚き火ライターの仕事を調査!


スポンサーリンク


こんにちは、エイヒレです!

 

花粉が例年の1.5倍とのことで、

重度の花粉症もちのエイヒレには

つらい季節になってきました(汗)

 

まあ花粉症はさておき…、

外がポカポカ陽気になって

アウトドア好きの方にはもってこいの季節ですよね。

 

アウトドアと言えば、

みなさん『焚き火ライター』ってご存知ですか?

 

次回のマツコの世界では、

焚き火ライターをつとめる

猪野正哉さんという方が

焚き火の魅力について語られるようです。

 

予告を見た感じ猪野正哉さんは

結構なイケメンのようでした。

 

それもそのはず、

謎の職業“焚き火ライター”に加え、

なんとこの方モデルもされていたようです!

 

そりゃあスタイル良くて顔も整ってるわけですね~

 

そこで、こちらでは、猪野正哉さんについて

  • モデル時代はどんなかんじ?
  • 経歴はどうなの?
  • 焚き火マイスターとは?

について調査してきます!

 

また、この記事の後半では猪野さんが出演する

次週のマツコの世界の予告動画を掲載しています!

 

猪野さん自身メディアでの露出があまり多くないので、

テレビ出演するなんてかな~~りレアです。

 

ぜひご覧になってください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

モデル時代はどんな感じ?

引用:https://twitter.com/keyaki_shingo/status/1091358691830321152

 

さてさて、さっそくですが、猪野さんは過去に

メンズノンノでモデルの活動をされていたそうです。

 

それも「専属モデル」としてです。←ここ重要です。

 

メンズノンノの専属モデルとは、

プロ・アマ問わず一般から応募を募り、

多い年で10003000人の人が

オーディションを受けにくるようです。

 

この倍率をかいくぐり

見事グランプリに輝いたのですね。

 

浪人生だった猪野さんは、

当時付き合っていた彼女さんに勧められて

応募したそうです。

 

ご自身で応募されたわけではないようですね。

 

いやはや、彼女さん見る目がありますねぇ。

 

数千人を勝ち抜くスタイルの持ち主、

そんな選ばれし人間が

どうして今やバリバリアウトドアの

焚き火ライターとして活動しているのでしょうか??

 

正直、きらびやかなモデルの世界

ちょっぴり男臭の漂うアウトドアの世界

一見正反対のように見えません?

 

モデルから焚き火へと180°舵を切った猪野さん。

 

そんな彼の経歴について、

次の項目でじっくり見ていきましょう!

 

経歴はどうなの?

 

まずは、猪野さんの簡単な

プロフィールを見ていきましょう。

 

メディアへの露出が多くない為、

猪野さんのwikiページは

まだ開設されていませんでした。

 

なので猪野さんについてのありとあらゆる情報を

ネットで調べまくってみました。

 

結果がこちら、

 

  • 本名    猪野正哉(いの・まさや)
  • 生年月日  19751023
  • 出身    千葉県千葉市
  • 経歴    メンズノンノ第9回専属モデル
    たき火ヴィレッジ(いの) 管理人
    PARKS』『ランドネ』『.HYAKKEI』などで
    ライター兼モデルとして活動
  • 職業    アウトドアコーディネーター

 

プロフィールはざっとこんな感じですね。

 

これだけみるとファッション業界から

アウトドア業界まで

幅広く活躍されている方という印象を受けます。

 

実際のところどうなのでしょうか?

 

それでは猪野さんの経歴を

モデル時代から見ていきましょう!

 

3000人を勝ち抜き

見事メンズノンノモデルとなった猪野さんは、

2年間専属モデルをつとめられたそうです。

 

当時は毎日のように飲み歩き、

シティボーイを目指していたとか…。

 

モデル業と並立して、今のようなライター業と

アパレルブランドも立ち上げていました。



 

飛ぶ鳥落とす勢いの猪野さんですが、

なんとアパレル業が失敗してしまいます。

 

そして、知人の裏切りに合うなどして

あれよあれよの間に借金地獄に陥ったそうです。

 

なんとまあ悲劇的な転落ですね…。

 

この人生どん底期を救ったのが、

ずばり『山』です!

 

もともと山に興味があったわけではなく、

見かねた友人たちに誘われて何気なく山を登り、

結果みるみるのめりこんでいったようです。

 

初めからアウトドアに

興味があったわけではないのですね。

 

山登りは、「疲れたら休む」

「周りが見えなくなったら立ち止まる」など

生きていくうえで当たり前のことを

猪野さんに気付かせてくれたとのことでした。

 

なんだかほろりとくるエピソードですね(泣)

 

山と出会えて本当によかった…。

 

そうこうしてアウトドアを極めていくうちに

アウトドア関連の仕事がむくむくを増えていき、

千葉県にある

「たき火ヴィレッジ(いの)」を運営するなど、

いまや人気アウトドアコーディネーターとして

生計を立てていらっしゃいます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

焚き火マイスターとは?

 

さて、人生のどん底から一変、

山登りの魅力に取り憑かれたわけですが

いったいどうして

「焚き火マスター」となったのでしょうか?

 

というか、そもそも

焚き火マイスターってなに!?

って感じですね(笑)

 

『焚き火の名人』『焚き火の巨匠』

てなとこでしょうか(ざっくり)

 

話を戻して…

猪野さんが焚き火マイスターになったきっかけは、

山登りという垣根を越えてアウトドアを

極めるようになってからです。

 

猪野さんは焚き火の魅力についてこう語ってます。

 

「素の自分になれるアイテム」

「心を解き放ってくれるアイテム」

 

猪野さんにとって、

焚き火はなくてはならない存在だということが、

このセリフからひしひしと伝わってきますね。

 

大自然という何もないところで、

自分というものを見つめ直せる機会を

つくってくれたのが山であり、

疲れ切っていた心を癒してくれたのが

焚き火なのですね。

 

猪野さん…。

焚き火に出会えてよかった(泣)

 

そんな猪野さんの実際に焚き火愛を語る姿は

予告なのでほんの数秒ですが、

こちらで見れます!

 

 

こちらもよく読まれています!

是非合わせてご覧くださいませ!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ここまで猪野正哉さんについて

  • モデル時代はどんなかんじ?
  • 経歴はどうなの?
  • 焚き火マイスターとは?

を調査してきました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

せわしない毎日に疲れているみなさん

あなたも是非焚き火を眺めてみてはいかがですか?

 

猪野さんの活躍は今後も目が離せませんね!

 

今回は焚き火マイスターの猪野正哉さんについて

調べさせていただきました!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 


スポンサーリンク

関連コンテンツ


おすすめ記事



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です