西野朗日本代表監督は続投?解任(交代)なら後任はあの大物外国人?

こんにちは、くまごろうです!

 

サッカー日本代表の次期監督が誰なのか?

ものすごく気になりますよね~

 

というのも、

今まで様々な外国人監督が来ましたが

グループステージを突破したのは

すべて日本人監督である

(自国開催の日韓W杯を除けば)

という事実があります。。。

 

この事実を受け止めて

今後は日本人監督になるのか

その場合は西野朗さんなのか?

それともやはり外国人監督なのか?

非常に気になるところです!

 

そこで、こちらでは

  • 西野朗日本代表監督は続投?
  • 解任(交代)なら後任はあの大物外国人?

を調査していきます!

 

さらにこの記事の後半では

20年前のフランスW杯初出場決定の様子や

今回のベルギー戦のダイジェスト動画

掲載しています!

 

この20年前はW杯出るだけで喜んでたのに

今では世界3位に惜敗して悔しがるって

すごい成長だと思いませんか!?

 

2020年の東京五輪や2022年のカタールW杯

が本当に楽しみになってきましたね~

 

スポンサーリンク

 

西野朗日本代表監督は続投?

 

さて、早速ですが、

西野朗監督の続投があるのか

という点です。

 

この点については公式会見で

西野朗監督は2018年7月末で退任する

ということが発表されています。

 

これが新監督が選ばれるということなのか

逆に、”続投”という回答もあるのか?

正直なところよくわかりませんでした。

 

多くの国民が西野朗監督続投を望んでいる

ということだけでは、監督人事は決められない

ということでしょうね。

 

一度フラットになって考えるということ

なのかもしれません。

 

一部報道ではW杯で実績のある

外国人監督を招聘することでほぼ決まり

と言う風に言われています。

 

本当にそうなのであれば、

岡田武史元代表監督

「そろそろ日本人監督でもいいんじゃないか」

という意見も否定されることになりますよね。

 

前監督のハリルホジッチとの間では

コミュニケーションの問題がある

と言われてきました。

 

常に通訳が間に立っているために

感情や細かな指示が伝わっていない

という懸念は常に付きまといますよね。

 

その点日本人監督であれば、

日本語でやり取りをしますから

コミュニケーションの食い違いは起こりにくいです。

 

今回、西野朗監督が示したように

”たった2カ月でGS突破するチームにした”のは

コミュニケーションの力が大きかったようです。

 

ということを考えれば、

実績や指導力のある日本人監督が

今後の4年または8年という長い周期で

監督を行うべきと言うのは正論でしょうね。

 

また、外国人監督の戦術やメンタル面

日本人選手に伝えたい場合は

技術委員やアドバイザーという立場

日本サッカー協会に参加してもらうべきでしょう。

 

サッカー後進国と言われた日本が

20年でベスト8になる一歩手前まで

来ているのは明らかなので、

無用な寄り道をしないことを願うのみですね。

 

その意味では、西野朗監督は

Jリーグ監督として実績はピカイチで

今回のロシアW杯でも短期間でチームを

立て直した指導実績を明確にしています。

 

Jリーグ監督通算勝利数270勝は

当分破られることはないほどの

Jリーグ一の指導者です。

 

しかも、すべてJ1での成績です。

J2は入っていないところに

西野朗監督の凄さがありますね。

 

確かにこのロシアW杯では

1勝しかしていません。

 

しかし、誰もが見たように

日本サッカーに可能性を感じたのは

日本人だけではなく世界からも称賛されています。

 

急造チームだった点を差し引けば

かなり大きな成果でしょう。

 

まだ西野朗監督が続投する目は

ゼロではないと思いますので

選ばれてほしいですよね~

 

スポンサーリンク

 

解任(交代)なら後任はあの大物外国人?

 

さて、そんななか

既に報道でもありましたが

海外の大物監督を招聘する方向で

日本サッカー協会は動いているとか。

 

その方を含めて西野朗さん以外の

日本人監督の可能性も

探ってみたいと思います。

 

西野朗以外の日本人監督の可能性は?

 

まず第一に挙げられるのは、

U-23代表監督である森保一さんですね。

 

森保一(日本代表U-23監督)

 

Jリーグでも実績があり(6シーズンで3回優勝)

今回西野朗監督をサポートしてますので

今の流れを殺さずにチームを率いることが出来るでしょう。

 

以前トルシエ監督もA代表と

U-23代表の両方の監督を兼務していたので

2カテゴリーを兼務することは不可能ではありませんよね。

 

風間八宏(名古屋グランパス監督)

 

次にパスサッカーの指導力が高い

現名古屋グランパス監督の風間八宏監督。

 

前任の川崎フロンターレでは、

中堅チームだったフロンターレを

優勝争いができるチームに育てました。

 

そして、

去年はJ2落ちした名古屋グランパスを

1年でJ1復帰させています。

 

森保一さんと同じくらいの監督歴ですが

現役時代にドイツでプレーしてきた実績もあり

世界を知る監督の一人なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

外国人監督の有力候補は?

https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1013367564213211138

 

さて、次に大物外国人監督についてです。

 

ユルゲン・クリンスマン

 

まずは↑に挙げている

ユルゲン・クリンスマンさんです。

 

  • ドイツ代表監督で3位
  • アメリカ代表監督でベスト16

と代表チームを中心に監督をしています。

 

現在はフリーでドイツの有料放送の

解説者をやられているようです。

 

何より現役のプレーが印象的で

ダイビングヘッドなどの飛び込むプレーで

ファンを魅了していました。

 

しかも、質素倹約家ということで

日本人にも人気が出そうという印象もありますw

 

さらに、クリンスマンが監督になるために

日本でも監督経験があるブッフバルトが

コーチになるという情報も入ってきています。

 

 

まさに盟友という感じですし、

ブッフバルトも親日家なので

ハリルホジッチ前監督のように

コミュニケーション不足で崩壊する

ということはなさそうですね。

 

個人的には、”あり”という感じもしますw

 

アーセン・ヴェンゲル

https://twitter.com/Soccer_SuperMOV/status/1012318497764864000

 

20年もの長い間、

プレミアリーグの名門アーセナル

を率いた名将です。

 

実はその前には

名古屋グランパスで監督

やっていた経緯もあります。

 

さらには、

岡田武史さんとも仲が良いようで

日本サッカー界に関心があるようです。

 

プレースタイルは、

短いパスをつなぐパスサッカーです。

 

この動画はサッカーの面白さが詰まっていますね!

ぜひチェックしてみてください!

 

どこか日本代表の今回のサッカーに

近いような気がするのは

僕だけではないでしょうね。

 

ベンゲルが監督になるのも、”あり”でしょうね!

 

ドナドーニ

https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1000013615057981440

 

一部報道で”ドナドーニ”の

名前が出てくるんですが

なんで出ているのか不明ですww

 

というのも、特にこれといって

輝かしい指導実績がないんですよね。

 

イタリア代表を率いたこともありましたが

不振が続き、2年で解任されています。

 

クラブチームもイタリアチームを中心に

率いていますが、あまりいい成績は残せず

ほとんど解任されていますw

 

イタリアという土壌がそうさせるのか

よくわかりませんが、

あまりお勧めできる感じではないですね。。。

 

Jリーグ外国人監督はないのか?

でも、外国人監督は海外だけではありません。

 

日本のJリーグで好成績を残している

外国人監督であれば、日本人の良さを生かす方法を

既に持っているわけですよね。

 

ラモス瑠偉さんも「何でやらせないんだ!」って

文句言ってたのを思い出しましたw

 

ペトロヴィッチ(コンサドーレ札幌監督)

 

2006年からJ1サンフレッチェ広島の監督になり

2012年からJ1浦和レッズ、

2018年からコンサドーレ札幌を率いています。

 

トータルで12年ですからかなり長いですよね。

 

しかも、サンフレッチェ広島や浦和レッズを

上位で戦えるチームにしたという点では

指導実績はかなり高いことは間違いありません。

 

今シーズンもコンサドーレ札幌を率いて

現在5位と上位をキープしています!

北海道民としてはうれしすぎます!

 

ネルシーニョ(元ヴィッセル神戸、柏レイソル監督)

 

そして、最後に南米だけでなく日本でも

大きな成果を挙げた指導者として

ヴィッセル神戸をJ1 2ndレグ2位まで

躍進させたネルシーニョさんです。

 

日本での指導歴も約8年となっています。

 

こんな風に日本選手に近い外国人監督が

より早く日本選手の能力を引き上げる

可能性があるように思うんですが、

どうなんでしょうかね?

 

 

さて、お待たせしました!

1998年フランスW杯予選突破の瞬間の動画です!

と言っても、川平慈英だろ!と言われそうですが

「いいんです!」w

 

でも本当に当時は予選を突破するだけで

全国民が熱狂していたのが分かりますよ!

ぜひチェックしてみてください!

 

そして、こちらはベスト16でのベルギー戦です。

一気に世界レベルに引きあがったと感じるのは

僕だけではないでしょう。

次につながりますよね!

 

2020,2022につながる選手が目白押しな

U-23代表のDVDです!

気になったらチェックしてみてください!

 

さらにこちらは

サッカー日本代表に関連する特集記事です!

合わせてご一読してみてください!

クリンスマン日本代表監督候補のプロフや経歴(実績)をチェック!

2018.07.04

大島僚太の経歴や使用スパイク(シューズ)!彼女(妻)とのプリクラが話題?

2018.06.03

 

まとめ

 

さて、ここまで西野朗監督の続投か

解任(交代)の場合の後任監督について

調査してきました。

 

一番の願いは西野朗監督が続投することですが

それ以外の場合でも、ぜひ日本国民が納得する

そんな人選をしてほしいですよね!

 

今月中に発表があるらしいので楽しみにしていきましょう!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です