コインチェックのXEM(ネム)流出・盗難資金の保護が可能とネム財団が表明!

こんにちは、くまごろうです!

 

昨日から大騒がせなコインチェックでの

XEM(ネム)資金の流出・盗難事件について

追加情報が入ってきました!

 

なんと、XEM(ネム)を運営するネム財団が

資産保護が可能という表明をしています!

 

詳しくは本分で書きますが、こちらでは

  • コインチェックのXEM(ネム)流出・盗難資金の保護が可能?そのロジックは?
  • いつどんな形で復旧するのか?

を調査していきます!

 

また、この記事の後半では、

情報元となるInside NEMのインタビュー動画を

掲載していおります!

 

ヴァイスプレジデントのJeff McDonaldが

インタビューに答えていますが、

冷静に対処している姿が印象的でした。

ぜひ合わせてご覧になってください!

 

スポンサーリンク

 

コインチェックのXEM(ネム)流出・盗難資金の保護が可能?そのロジックは?

 

さて、早速ですが、

ネム財団が表明している保護方法について

まとめていきます!

 

詳しくはこの記事の後半になる動画を

見るのが一番ですが、英語なので

英語が分かる人に訳してもらうのが一番ですね。

 

さて、概要を説明すると、

XEMチームにて今回コインチェックから

持ち出されたXEM(ネム)コインを

特殊なAPIで追跡可能とのこと。

 

これにより、

今回持ち出されたXEM(ネム)コインの

換金を制御することができ、

取引を差し止めることが可能

ということです。

 

また、この動画を記事にしたページによれば、

盗まれたお金を取引所を通じて外に持ち出すことはできません、これは良いニュースです。このニュースは是非シェアしてください。史上最大のハッキングは数時間以内にネムのコミュニティによって解決されます。これはネムのプラットフォームとチームの強さを示すものです。

出典:https://coinbusiness.jp/n/n127fcf2a3e99

 

このようにすべての事態を

解決することができれば

XEM(ネム)自体の価値は相当に認知されるでしょうね。

 

さらに、このように既に勝利宣言まで(汗)

ちょっと早くないでしょうか、、、

コインチェックの事件は仮想通貨を破壊する可能性がありました。しかしコミュニティとコインチェックのチームは最初から最後まで完全な透明性を担保し、このような恐怖に打ち勝ちました。勝者はハッカーではなく我々です。

出典:https://coinbusiness.jp/n/n127fcf2a3e99

 

どちらにしても、

ネム財団がリリースするAPIが稼働して

有効に働くかどうかは、

ハッカー集団との知恵比べがあるので

ひとえに安心することもできません。

 

彼らの続報を待ちましょう。

もしXEM(ネム)資産をコインチェックで保有して

英語が理解できるのであれば、

動画のチェンネル登録をしておくことをおすすめします。

 

(追記)日本のJKホワイトハッカーが活躍!

ツイッターで情報を見たところ、

ネム財団とダッグを組んで盗まれた

資産を追っているのは、なんと日本のJKです!

みずなしりんさん。17歳!

 

現状彼女が既に盗まれた資金を

監視している状態とのこと。

 

その資金に対して上述したAPIを稼働させて

完全に資産をマーキングして

持ち出し不可にするのが今回の作戦のようです。

 

無事成功することを祈るのみ!

 

スポンサーリンク

 

いつどんな形で復旧するのか?

 

さて、それでは、どのような形で

コインチェックから流出・盗難された

XEM(ネム)資産が戻されるのでしょうか?

 

ここもまだ明確には発表されていません。

 

ただ、流出・盗難されたXEM(ネム)は正しく

追跡が可能だと言っているので、

全資産をコインチェックに戻すことが期待されます。

 

先程も書きましたが、

ネム財団はかなり前向きに表明をしていて

日本人感覚からすると本当かな?

という気もしなくもありません。

 

ネム財団とハッカー集団との知恵比べが

どうなるのか、続報を待ちたいところです。

 

その意味では、このような動画は出ている以上

コインチェックにも、現在の調査状況を記者会見

してほしいですよね。

 

 

さて、こちらがInside NEMのインタビュー動画です。

そんな難しい英語ではないですが、慣れていないと

理解できないと思いますので、わからない場合は、

訳してくれる人に頼んでみましょう!

 

なお、この日本語訳を行った記事は以下のページです。

>>数時間で事件は解決する<<

 

こちらは、今回の件で

コインチェック経営陣について

書いた記事になります。

ぜひ合わせてご覧ください。

大塚雄介(コインチェックCOO)のwikiプロフや経歴!資金流出の責任問題は?

2018.01.27

和田晃一良の責任問題は?個人資産での補填は?嫁や子供はいるの?

2018.01.27

 

まとめ

 

さて、ここまでコインチェックXEM(ネム)盗難・流出事件について

  • コインチェックのXEM(ネム)流出・盗難資金の保護が可能?そのロジックは?
  • いつどんな形で復旧するのか?

を調査してきました!

 

いかがでしたでしょうか?

 

昨日の記者会見では真っ暗な地底に

落とされたような感覚がありましたが、

 

今回のインタビューを見ると、

テクノロジーの力でなんとかなるのか

仮想通貨・暗号通貨に希望が持てる可能性がありますね。

 

まだ解決はしていませんので

今後の動きを注意深く見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です